電気ガスまとめる関東

東京電力と東京ガスだと安いのは?セットにまとめるならどちらがお得?

更新日:

「電気とガスをセットでまとめると安くなりますよ」と、東京電力も東京ガスもPRしていますよね。

でも、実際のところ、どちらが安くなるのかイマイチわかりにくくありませんか?

 

東京電力と東京ガスの電気料金の比較をしているサイトはよく見かけますが、電気とガスのセット割の比較はあまり見かけないですしね。

そこで、電気代とガス代、セット割を適用するなら東京電力と東京ガス、どちらでまとめた方が安くなるのかについて比較しました。

 

我が家はどちらでまとめるのが良いんだろう?

と、お悩みの方の為に、

  • どちらを選ぶべきかの基準やポイント
  • 今と比べてどのくらい安くなるのか
  • キャンペーンの比較
  • ポイントや付随サービスの比較
  • セット割にした人の口コミ

などについて紹介していきます。

\切替えで【絶対もらえる】Amazonギフト券/

 

東京電力と東京ガスどっちを選ぶべきかの基準

東京電力も東京ガスも、どちらも安くなるって言うから、どっちを選んでいいのかわからなくて・・・
では、ものすごくシンプルに選ぶ基準をご説明しますね。

 

  • ガス代が高いとお困りのご家庭は、東京電力でセットにする
  • 電気代が高いとお困りのご家庭は、東京ガスでセットにする

色々調べたり、考えたりするのは面倒という方は、これだけでOKです!

 

【料金シミュレーションや申込みはこちら】

 

【10月15日~12月23日まで】

東京ガスの電気に申込みすると、amazonギフト券が最大13,600円分もらえる!

>キャンペーンの詳細はこちら

ここからは、もっと具体的にどのくらい安くなるのか?、東京電力と東京ガスのセットプランの比較をしていきます。

東京電力と東京ガスのプランを簡単に紹介

東京電力と東京ガスのプラン

どちらでまとめた方が安くなるかの比較の前に、東京電力と東京ガスのプランを簡単に紹介します。

細かく説明してしまうと余計にややこしくなってしまうと思うので、必要最低限のことだけを紹介します。

※「細かい部分まで徹底的に確認したい」場合は、公式サイトを参考にしてください。

 

各プランの説明がややこしいなぁと感じたら、読み飛ばして料金比較にいってもらって大丈夫ですよ!

各プランを細かく知ることが重要ではなく、「どちらでまとめた方が安くなるのか?」が重要な(知りたい)方がほとんどだと思いますので。

あと、プランの詳細を知らなくても、それぞれの公式サイトで料金シミュレーションすれば、自動的に最適なプランを教えてくれます。

>>料金比較にジャンプ!

 

東京電力でまとめる場合の「電気」「ガス」のプラン

東京電力で電気とガスをまとめる場合、下記のプランへの切り替えが必要です。

  • 電気:スタンダードS(もしくはスタンダードL)
  • ガス:とくとくガスプラン
スタンダードプラン
もっと詳しく見る

※【スタンダードS】と【スタンダードL】の2種類ありますが、一般家庭は【スタンダードS】プランです。

多くの家庭が契約している、「東京電力 従量電灯B」に相当するプランです。
従量電灯Bは10A~60Aまでアンペア数が選べるプランで、各家庭により契約が異なります。

東京電力で「電気とガスのセット」にするためには、「スタンダードS」への切り替えが必須です。

電気料金は従量電灯Bと同じなので、スタンダードSに切り替えても電気代は安くなりません

 

スタンダードSは解約時に、解約手数料540円がかかります。

 

とくとくガスプラン
もっと詳しく見る

東京ガスの「一般料金」のガス契約よりも、約3%おトクになるプランです。(ただし床暖プランは対象外)

電気とガスのセット割で、電気代が毎月100円割引になります。

電気のスタンダードSプランと違い、途中解約の手数料などはありません。

 

東京ガスでまとめる場合の「電気」「ガス」のプラン

東京ガスで電気とガスをまとめる場合、下記のプランへの切り替えが必要です。

  • 電気:ずっとも電気1(ずっとも電気1S)
  • ガス:契約中のプランでも可(現在の契約プランが「一般料金」の場合、「ずっともガス」に変更した方がおトク)
ずっとも電気
もっと詳しく見る

【ずっとも電気1(ずっとも電気1S)】

東京電力の「従量電灯B」を契約している家庭は、ずっとも電気1(ずっとも電気1S)に切り替えるとメリットがあります。
安くなる金額は、現在の電気代によって異なります。

下記はプランを選ぶ目安です。

  • ずっとも電気1がオススメの家庭:契約電流が30A~60Aの家庭。3人以上の家庭、昼間に電気を使う、ペットを飼っている、自宅で仕事をしている、など
  • ずっとも電気1Sがオススメの家庭:契約電流が10A~60Aの家庭。1人暮らし、2人暮らしで共働き、外出することが多い、電気代は常に節約している、など

どちらを選ぶべきなのかは、東京ガスの公式サイトで料金シミュレーションをすれば自動的に出てきますので特に気にされる必要はありません。

解約金や手数料は無料です。

 

ずっともガス
もっと詳しく見る

東京ガスのガスプラン「一般料金」を契約中であれば、「ずっともガス」に切り替えた方がおトクです。

ガス料金自体が安くなるわけではありませんが、ガス料金1,000円につきポイントが5ポイントたまります。

ただし、月々のガス使用量が10㎥以下(月々2,200円程度)だと、ずっともガスに切り替えるとガス代が高くなってしまいます。(MAX100円程度高くなる)

ガスの契約を「ずっともガス」に変更しなくても、電気とガスをまとめることは可能です。

解約金や手数料は無料です。

 

では、ここからは実際に「電気代とガス代がどのくらい安くなるのか?」を、料金ごとにシミュレーションした結果を紹介していきます。

東京電力と東京ガスのセット割|どっちが安くなる?

まず、実際どのくらい安くなるのか目安を説明しますね。

 

東京電力でまとめた場合

ガス料金が東京ガスの「一般料金」と比べて、約3%安くなります。

あと、電気とガスをセットにすることで、電気代が毎月100円安くなります。

なので、東京電力でまとめるメリットは【東京ガスのガス代より約3%安くなる金額 + 電気代100円(年間1,200円)】です。

 

東京ガスでまとめた場合

契約容量や電気代によって変わるので一概に「何%安くなります」とは言えませんが、現在の電気代が高ければ高いほどお得になります。

電気とガスをセットにすることで、毎月の電気料金の基本料金から270円(税込)割引されます。

なので、東京ガスでまとめるメリットは【東京電力の電気代より安くなる金額 + 電気基本料金270円(年間3,240円)】です。

 

 

一般家庭の場合、基本的に電気代の方が高い家庭が多いです。

ですので、それに合わせて3パターンのシュミレーションをしてみました。

  1. 電気代5,000円、ガス代5,000円
  2. 電気代10,000円、ガス代6,000円
  3. 電気代10,000円、ガス代8,000円

 

電気代5,000円・ガス代5,000円くらいの場合の比較

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 30Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:5,000円程度(電気使用量185kWh/月平均)で試算
  • 月々のガス料金:5,000円程度(ガス使用量32㎥/月平均)で試算

※ポイントやキャンペーン割引は含まずに比較しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 1,200円
ガス代 1,800円
合計金額 3,000円 1,200円

※安くなる金額はおおよその料金です。

 

ポイントやキャンペーン割引を含むと1年目のみ大幅に安くなります。

ポイント・キャンペーンを含む比較結果(1年目のみ)
詳しく見る

【東京電力のセット割】

5000円比較東京電力

 

【東京ガスのセット割】

5000円比較東京ガス

 

電気代・ガス代ともに月々5,000円程度の場合は、東京電力でまとめた方がお安くなります。

 

電気代10,000円・ガス代6,000円くらいの場合の比較

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:10,000円程度(電気使用量340kWh/月平均)で試算
  • 月々のガス料金:6,000円程度(ガス使用量38kWh/月平均)で試算

※ポイントやキャンペーン割引は含まずに比較しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 6,600円
ガス代 2,100円
合計金額 3,300円 6,600円

※安くなる金額はおおよその料金です。

 

ポイントやキャンペーン割引を含むと1年目のみ大幅に安くなります。

ポイント・キャンペーンを含む比較結果(1年目のみ)
詳しく見る

【東京電力のセット割】

東京電力セット割

 

【東京ガスのセット割】

東京ガスセット割比較

 

月々の電気代10,000円・ガス代6,000円程度の場合は、東京ガスでまとめた方がお安くなります。

 

電気代10,000円・ガス代8,000円くらいの場合の比較

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:10,000円(電気使用量340kWh/月平均)で試算
  • 月々のガス料金:8,000円(ガス使用量52㎥/月平均)で試算

※ポイントやキャンペーン割引は含まずに比較しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 6,600円
ガス代 2,700円
合計金額 3,900円 6,600円

※安くなる金額はおおよその料金です。

 

ポイントやキャンペーン割引を含むと1年目のみ大幅に安くなります。

ポイント・キャンペーンを含む比較結果(1年目のみ)
詳しく見る

【東京電力のセット割】

東京電力セット割料金

 

【東京ガスのセット割】

東京ガスセット割比較

 

月々の電気代10,000円・ガス代8,000円程度の場合は、東京ガスでまとめた方がお安くなります。

 

東京電力より東京ガスのほうが安い

 

比較の結果、東京ガスのセット割にした方が安くなるパターンの方が多いことがわかりました。

東京電力でもポイントや1年目のみのキャンペーンを含めるとお得感はありますが、実質の電気代やガス代はあまり安くならないことには注意が必要です。

 

「東京電力と東京ガスどちらでまとめるべきか?」に迷ったときは、「電気代が安くなった方が家計に嬉しいのか?」「ガス代が安くなった方が家計に嬉しいのか?」といった基準で判断してみてください。

 

【10月15日~12月23日まで】

東京ガスの電気に申込みすると、amazonギフト券が最大13,600円分もらえる!

>キャンペーンの詳細はこちら

 

では、次はセット割にした方の口コミについて紹介していきます。

東京電力と東京ガスのセット割の評判や切り替えた方の口コミ

東京電力と東京ガスセット割に関するアンケート結果

東京ガスに切り替えた人の割合が多かった

アンケートの結果、東京ガスでセット割にした人のほうが圧倒的に多かったです。

 

東京電力と東京ガスのセット割の比率グラフ

60人にアンケートを取った結果、

  • 東京電力でセット割にした人:12人
  • 東京ガスでセット割にした人:48人

という結果でした。

 

東京電力でセット割にした人の口コミ

東京電力から「まとめるとお得になる」と言われたので切り替えました。

あまり安くなったような感じはしませんが、請求が一つにまとまったのでその点は良かったです。

 

東京ガスと比較した結果、東京電力の方がお得とわかったので切り替えた。

ただ、正直あまり変わらないので、東京ガスでまとめようか検討中。

 

選べる会社が多すぎてどこがいいかわからず、面倒なので東京電力にしました。

以前よりは光熱費が安くなったと思います。

 

東京ガスでセット割にした人の口コミ

ドコモのdポイントが貯められるので東京ガスにしました。

料金も安くなったし、ポイントも貯まるのでまとめて良かったです。

 

新しく個人情報の入力をしたり、支払い方法の登録をしなくて良かったので東京ガスで契約した。

ガス代よりも電気代が高かったので、まとめることで電気代がかなり安くなった。

 

東京電力にはいいイメージがない。

東京ガスの方が断然安い。

 

一般的にはガス代よりも電気代の方が高い家庭が多いので、電気代が安くなる東京ガスでまとめる人が多いようですね。

色々調べたり、考えたりするのは面倒という方は、これだけでOKです!

 

【料金シミュレーションや申込みはこちら】

東京電力と東京ガスのポイントサービス比較

ポイントサービス比較

東京電力と東京ガス、どちらのほうがポイントが貯まりやすいのかを比較してみました。

結果は、東京ガスのほうがポイントが貯まりやすかったです。

東京ガスのポイントサービス

【ポイント還元率】

  • 毎月のガス料金:1,000円あたり5ポイント
  • 毎月の電気料金:1,000円あたり15ポイント

たまったポイントは、以下のポイントサービスに交換可能です。

  • dポイント
  • Ponta
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • MIポイント

 

東京電力のポイントサービス

【ポイント還元率】

  • 毎月の電気料金:1,000円あたり5ポイント

たまったポイントは、以下のポイントサービスに交換可能です。

  • Ponta
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • au WALLET ポイント

※WAON・nanaco・au WALLET は300ポイントから交換可能

 

普段使っているポイントサービスにもよりますが、相対的に見て、ポイントサービス比較は東京ガスの圧勝です。

東京電力と東京ガスのその他のサービス比較

電気料金やガス料金がお得になるだけではなく、生活トラブルに備えたサービスも充実しています。

まずは、東京電力のサービスから見てみましょう。

ガス機器修理サービス

ガス料金プランに加入すると、ガス機器の無料修理(最大50万円まで)を受けることができます。

対象機器と条件は以下の通りです。

  • ガスコンロ
  • ガス給湯器
  • ガスファンヒーター
  • ガス床暖房
  • 浴室暖房乾燥機

ただし、設置・購入から10年以内のもので、JIA認証の家庭用ガス機器に限る

東京ガスガス機器修理サービス

出典:東京電力エナジーパートナー

 

では、次は東京ガスのサービスを見てみましょう。

電気トラブルサポート

自宅の電気設備や通電不良に関するトラブルが発生した時の無料訪問サービスです。

トラブルサポートの詳細は以下の通りです。

東京ガス電気トラブルサポート

出典:東京ガス公式サイト

 

生活まわり駆けつけサービス

水まわり、玄関鍵、窓ガラスのトラブルに24時間365日対応してくれるサービスです。

通常15,000円程度かかる、出張費・30分以内の作業費が0円になります。

詳細は以下の通りです。

東京ガス 生活まわり駆けつけサービス

出典:東京ガス公式サイト

 

東京ガストリプル割

NTT東日本のフレッツ光と東京ガス提携プロバイダを利用していると、年間1,200円~3,800円の節約になるサービスです。

提携プロバイダは以下の通りです。

  • アサヒネット
  • エキサイト
  • ビッグローブ
  • ディーティーアイ
  • プララ
  • ソネット
  • ニフティ

東京ガストリプル割対象プロバイダ

出典:東京ガス公式サイト

 

東京電力と東京ガスだと安いのは? まとめ

東京電力と東京ガス、どちらでまとめるべきかを選ぶときの簡単な基準は、

  • ガス代が高いとお困りのご家庭は、東京電力でまとめる
  • 電気代が高いとお困りのご家庭は、東京ガスでまとめる

ということです。

 

月々の料金の目安は下記のような感じです。

  • 月々の電気代5,000円、ガス代5,000円くらいの場合だと、東京電力
  • 月々の電気代10,000円、ガス代6,000円くらいの場合だと、東京ガス
  • 月々の電気代10,000円、ガス代8,000円くらいの場合だと、東京ガス

 

どちらの会社でまとめるにしても、電気とガスを別々に契約しているよりもお得です。

東京ガスと東京電力の比較は、東京ガス電気のまとめ| 東京電力との料金比較や一本化にするメリットデメリットでも詳しく紹介しているので参考にしてください。

 

電気とガスの検針票(「供給地点特定番号」や「お客さま番号」がわかるもの)があれば、必要事項を入力するだけで切り替え手続きが完了します。

ですので、契約変更手続きは5分~10分あれば完了しますので、「光熱費を少しでも安くしたい」とお考えであれば、この機会に切り替えてみると良いですね。

\下記でシミュレーションや切り替え手続きができます/

【東京ガスの秋キャンペーン】amazonギフト券が12週間連続で全員もらえる

10月15日~12月23日

期間中に東京ガスのずっとも電気に新規申込みすると、2つの特典を受けることができます!

特典1:全員もらえるキャンペーン

amazonギフト券が12週間連続でもらえるキャンペーンです。

毎週300円分がもらえるので、合計3,600円分のamazonギフト券がもらえます。

特典2:10人に1人、10,000円がもらえるキャンペーン

10人に1人の確率で、amazonギフト券が10,000円分もらえます。

1/10の確率なのでかなりの高確率です!

電気代が高くなる冬に備えて料金の見直しをして、ギフト券で好きなものを買っちゃいましょう!

-電気ガスまとめる関東
-, ,

Copyright© ガスデンさん , 2019 All Rights Reserved.