東京電力 東京ガス どっちがお得

東京電力と東京ガス

東京電力と東京ガスだと安いのは?セットにまとめるならどちらがお得?

更新日:

「電気とガスをセットにしてまとめると安くなりますよ」と、東京電力も東京ガスもPRしていますよね。

でも、実際のところ、どちらが安くなるのかイマイチわかりにくいのではないでしょうか?

 

一般的には、電力会社とガス会社であれば、電力会社で電気もガスもまとめる方が安くなることが多いです。

ただ、東京電力と東京ガスの場合は、一概にそうとも言えません。

 

我が家はどちらでまとめるのが良いんだろう?

と、お悩みの方の為に、

  • どちらを選ぶべきかの基準やポイント
  • 今と比べてどのくらい安くなるのか
  • 切り替える際のデメリット

などについて解説していきます。

 

東京電力と東京ガスどっちを選ぶべきかの基準

東京電力も東京ガスも、どちらも安くなるって言うから、どっちを選んでいいのかわからなくて・・・
では、ものすごくシンプルに選ぶ基準をご説明しますね。

 

  • ガス代が高いとお困りのご家庭は、東京電力でまとめる
  • 電気代が高いとお困りのご家庭は、東京ガスでまとめる

色々調べたり、考えたりするのは面倒という方は、これだけでOKです!

【料金シミュレーションや申込みはこちら】

\6/17~10/8の間に新規申込みで電気代10%OFF/
>>東京ガスの電気【電気代10%OFFキャンペーン】の詳細

 

ここからは、もっと具体的にどのくらい安くなるのか?、東京電力と東京ガスのセットプランの比較をしていきます。

東京電力と東京ガスのプランを簡単に紹介

東京電力と東京ガスのプラン

どちらでまとめた方が安くなるかの比較の前に、東京電力と東京ガスのプランを簡単に紹介します。

細かく説明してしまうと余計にややこしくなってしまうと思うので、必要最低限のことだけを紹介します。

※「細かい部分まで徹底的に確認したい」場合は、公式サイトを参考にしてください。

 

各プランの説明がややこしいなぁと感じたら、読み飛ばして料金比較にいってもらって大丈夫ですよ!

各プランを細かく知ることが重要ではなく、「どちらでまとめた方が安くなるのか?」が重要な(知りたい)方がほとんどだと思いますので。

あと、プランの詳細を知らなくても、それぞれの公式サイトで料金シミュレーションすれば、自動的に最適なプランを教えてくれます。

>>料金比較にジャンプ!

 

東京電力でまとめる場合の「電気」「ガス」のプラン

東京電力で電気とガスをまとめる場合、下記のプランへの切り替えが必要です。

  • 電気:スタンダードS(もしくはスタンダードL)
  • ガス:とくとくガスプラン

【スタンダードS】

多くの家庭が契約している「従量電灯B」に相当するプランです。
従量電灯Bは10A~60Aまでアンペア数が選べるプランで、各家庭により契約が異なります。

東京電力で「電気とガスのセット」にするためには、「スタンダードS」への切り替えが必須です。

電気料金は従量電灯Bと同じなので、スタンダードSに切り替えても電気代のメリットはありません。

電気料金1,000円につき5ポイント貯まるのがメリットです。

スタンダードSは解約時に、解約手数料540円がかかります。

 

【とくとくガスプラン】

東京ガスの「一般料金」のガス契約よりも、約3%おトクになるプランです。(ただし床暖プランは対象外)

電気とガスのセット割で、電気代が毎月100円割引になります。

電気のスタンダードSプランと違い、途中解約の手数料などはありません。

 

東京ガスでまとめる場合の「電気」「ガス」のプラン

東京ガスで電気とガスをまとめる場合、下記のプランへの切り替えが必要です。

  • 電気:ずっとも電気1(ずっとも電気1S)
  • ガス:契約中のプランでも可(現在の契約プランが「一般料金」の場合、「ずっともガス」に変更した方がおトク)

東京ガスのプランは解約金や手数料はかかりません。

【ずっとも電気1(ずっとも電気1S)】

東京電力の「従量電灯B」を契約している家庭は、ずっとも電気1(ずっとも電気1S)に切り替えるとメリットがあります。
安くなる金額は、現在の電気代によって異なります。

  • ずっとも電気1がオススメの家庭:3人以上の家庭、昼間に電気を使う、ペットを飼っている、自宅で仕事をしている、など
  • ずっとも電気1Sがオススメの家庭:1人暮らし、2人暮らしで共働き、外出することが多い、電気代は常に節約している

上記はプランを選ぶ目安です。

どちらを選ぶべきなのかは、東京ガスの公式サイトで料金シミュレーションをすれば自動的に出てきますので、特に気にされる必要はありません。

 

【ずっともガス】

東京ガスのガスプラン「一般料金」を契約中であれば、「ずっともガス」に切り替えた方がおトクです。

ガス料金自体が安くなるわけではありませんが、ガス料金1,000円につきポイントが5ポイントたまります。

ただし、月々のガス使用量が10㎥以下(月々2,200円程度)だと、ずっともガスに切り替えるとガス代が高くなってしまいます。(MAX100円程度)

ガスの契約を「ずっともガス」に変更しなくても、電気とガスをまとめることは可能です。

 

では、ここからは実際に「電気代とガス代がどのくらい安くなるのか?」を、料金ごとにシミュレーションした結果を紹介していきます。

東京電力と東京ガス まとめるとどのくらい安くなる?

まず、実際どのくらい安くなるのか目安を説明しますね。

 

東京電力でまとめた場合

ガス料金が東京ガスの「一般料金」と比べて、約3%安くなります。

あと、電気とガスをセットにすることで、電気代が毎月100円安くなります。

なので、東京電力でまとめるメリットは【東京ガスのガス代より約3%安くなる金額 + 電気代100円(年間1,200円)】です。

 

東京ガスでまとめた場合

契約容量や電気代によって変わるので一概に「何%安くなります」とは言えませんが、現在の電気代が高ければ高いほどお得になります。

 

 

一般家庭の場合、基本的に電気代の方が高いご家庭が多いです。

ですので、それに合わせて3パターンのシュミレーションをしてみました。

  1. 月々の電気代とガス代が同じくらいの料金
  2. 電気代10,000円、ガス代6,000円
  3. 電気代12,000円、ガス代8,000円

 

東京電力と東京ガスの料金比較 ①

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:7,000円
  • 月々のガス料金:7,000円

※ポイントや1年目だけの割引金額は除外しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 2,050円
ガス代 2,500円
合計金額 3,700円 2,050円

※安くなる金額はおおよその料金です。

電気代・ガス代ともに月々7,000円程度の場合は、東京電力でまとめた方がお安くなります。

 

東京電力と東京ガスの料金比較 ②

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:10,000円
  • 月々のガス料金:6,000円

※ポイントや1年目だけの割引金額は除外しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 7,400円
ガス代 2,200円
合計金額 3,400円 7,400円

※安くなる金額はおおよその料金です。

月々の電気代10,000円・ガス代6,000円程度の場合は、東京ガスでまとめた方がお安くなります。

 

東京電力と東京ガスの料金比較 ③

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:12,000円
  • 月々のガス料金:8,000円

※ポイントや1年目だけの割引金額は除外しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 5,200円 10,500円
ガス代 2,900円
合計金額 8,100円 10,500円

※安くなる金額はおおよその料金です。

月々の電気代12,000円・ガス代8,000円程度の場合は、東京ガスでまとめた方がお安くなります。

 

東京電力より東京ガスのほうが安い

 

「東京電力と東京ガスどちらでまとめるべきか?」に迷ったときは、「電気代が安くなった方が家計に嬉しいのか?」「ガス代が安くなった方が家計に嬉しいのか?」といった基準で判断してみてください。

\6/17~10/8の間に新規申込みで電気代10%OFF/
>>東京ガスの電気【電気代10%OFFキャンペーン】の詳細

東京電力と東京ガスのポイントサービス比較

ポイントサービス比較

東京電力と東京ガス、どちらのほうがポイントが貯まりやすいのかを比較してみました。

結果は、東京ガスのほうがポイントが貯まりやすかったです。

東京ガスのポイントサービス

【ポイント還元率】

  • 毎月のガス料金:1,000円あたり5ポイント
  • 毎月の電気料金:1,000円あたり15ポイント

たまったポイントは、以下のポイントサービスに交換可能です。

  • dポイント
  • Ponta
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • MIポイント

 

東京電力のポイントサービス

【ポイント還元率】

  • 毎月の電気料金:1,000円あたり5ポイント

たまったポイントは、以下のポイントサービスに交換可能です。

  • Ponta
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • au WALLET ポイント

※WAON・nanaco・au WALLET は300ポイントから交換可能

 

普段使っているポイントサービスにもよりますが、相対的に見て、ポイントサービス比較は東京ガスの圧勝です。

東京電力と東京ガスだと安いのは? まとめ

東京電力と東京ガス、どちらでまとめるべきかを選ぶときの簡単な基準は、

  • ガス代が高いとお困りのご家庭は、東京電力でまとめる
  • 電気代が高いとお困りのご家庭は、東京ガスでまとめる

ということです。

 

例えば、

【毎月のガス代が10,000円で、電気代が5,000円】

というような場合は、東京電力でセットにした方が安くなります。

 

反対に、

【毎月のガス代が5,000円で、電気代が10,000円】

というような場合は、東京ガスでセットにした方が安くなります。

どちらの会社でまとめるにしても、電気とガスを別々に契約しているよりもお得です。

東京ガスと東京電力の比較は、東京ガス電気のまとめ| 東京電力との料金比較や一本化にするメリットデメリットでも詳しく紹介しているので参考にしてください。

 

電気とガスの検針票(「供給地点特定番号」や「お客さま番号」がわかるもの)があれば、必要事項を入力するだけで切り替え手続きが完了します。

ですので、契約変更手続きは5分~10分あれば完了しますので、「光熱費を少しでも安くしたい」とお考えであれば、この機会に切り替えてみると良いですね。

東京ガスの電気【電気代10%OFFキャンペーン!】

電気代10%OFFキャンペーン

2019年6月17日~10月8日限定!

上記期間内に東京ガスの電気に新規申込みすると、電気代が3ヶ月分10%OFFに!

1ヶ月の電気代が10,000円だと、1ヶ月1,000円も安くなります。

夏場はエアコンを使うため電気代が高くなる季節なので、このキャンペーンを利用して、うまく節約してください。

申込みしてから東京ガスの電気に切り替わるまで、1ヶ月程度かかることもあるので、なるべく早く申込みするのがオススメです!

>>東京ガスの電気代10%OFFキャンペーンの簡単手続きはこちら

-東京電力と東京ガス
-, ,

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.