a-station

【プロが解説!】アプラスカードと光熱費節約のサイト

東京電力 東京ガス どっちがお得

光熱費

東京電力と東京ガスだと安いのは?セットにまとめるならどちらがお得?

更新日:

「電気とガスをセットにしてまとめると安くなりますよ」と、東京電力も東京ガスもPRしていますよね。

でも、実際のところ、どちらが安くなるのかイマイチわかりにくいのではないでしょうか?

 

一般的には、電力会社とガス会社であれば、電力会社で電気もガスもまとめる方が安くなることが多いです。

ただ、東京電力と東京ガスの場合は、一概にそうとも言えません。

 

我が家はどちらでまとめるのが良いんだろう?

と、お悩みの方の為に、

  • どちらを選ぶべきかの基準やポイント
  • 今と比べてどのくらい安くなるのか
  • 切り替える際のデメリット

などについて解説していきます。

 

東京電力と東京ガスどっちを選ぶべきかの基準

東京電力も東京ガスも、どちらも安くなるって言うから、どっちを選んでいいのかわからなくて・・・
では、ものすごくシンプルに選ぶ基準をご説明しますね。

 

  • ガス代が高いとお困りのご家庭は、東京電力でまとめる
  • 電気代が高いとお困りのご家庭は、東京ガスでまとめる

 

「色々調べたり、考えたりするのは面倒」という方は、これだけでOKです!

※ただし、電気代が月々5,000円以下の場合、東京ガスで電気とガスをまとめるよりも、東京電力でまとめた方がお得になることが多いですよ。

 

 

ここからは、もっと具体的にどのくらい安くなるのか?、東京電力と東京ガスのセットプランの比較をしていきます。

東京電力と東京ガス まとめるとどのくらい安くなる?

まず、実際どのくらい安くなるのか目安を説明しますね。

 

東京電力でまとめた場合

ガス料金が東京ガスの「一般料金」と比べて、約3%安くなります。

あと、電気とガスをセットにすることで、電気代が毎月100円安くなります。

なので、【東京ガスのガス代より約3%安くなる金額 + 電気代100円(年間1,200円)】がメリットです。

 

 

東京ガスでまとめた場合

契約容量や電気代によって変わるので、一概に「何%安くなります」とは言えませんが、現在の電気代が高ければ高いほどお得になります。

例えば、月々10,000円の電気代を支払っている場合だと、東京電力の従量電灯B(40A)と比べて、約6%程電気代が安くなります。

 

安くなる金額の目安を踏まえた上で、どのくらい安くなるのかの金額表を確認していきましょう。

 

一般家庭の場合、基本的に電気代の方が高いご家庭が多いです。

ですので、それに合わせて3パターンのシュミレーションをしてみました。

  1. 月々の電気代とガス代が同じくらいの料金
  2. 電気代10,000円、ガス代6,000円
  3. 電気代12,000円、ガス代8,000円

 

東京電力と東京ガスの料金比較 ①

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:7,000円
  • 月々のガス料金:7,000円

※ポイントや1年目だけの割引金額は除外しています。

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 2,050円
ガス代 2,500円
合計金額 3,700円 2,050円

※安くなる金額はおおよその料金です。

 

このパターンの場合は、東京電力でまとめる方が安くなりますね!

 

 

東京電力と東京ガスの料金比較 ②

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:10,000円
  • 月々のガス料金:6,000円

※ポイントや1年目だけの割引金額は除外しています。

 

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 1,200円 7,400円
ガス代 2,200円
合計金額 3,400円 7,400円

※安くなる金額はおおよその料金です。

 

このパターンの場合は、東京ガスでまとめる方がお得ですね!

 

東京電力と東京ガスの料金比較 ③

シュミレーション条件

  • 電気:東京電力 従量電灯B 40Aを契約中
  • ガス:東京ガス 一般料金を契約中
  • 浴室乾燥機や床暖は利用していない
  • 月々の電気料金:12,000円
  • 月々のガス料金:8,000円

※ポイントや1年目だけの割引金額は除外しています。

 

 

<<1年間で安くなる金額の目安>>

東京電力 東京ガス
電気代 5,200円 10,500円
ガス代 2,900円
合計金額 8,100円 10,500円

※安くなる金額はおおよその料金です。

 

このパターンの場合は、東京ガスでまとめた方が安くなりますね!

 

東京電力と東京ガスどちらを選んだ方がいいのかは、3パターンのシュミレーションを参考にして選ぶようにしてください。

東京電力と東京ガスだと安いのは? まとめ

東京電力と東京ガス、どちらでまとめるべきかを選ぶときの簡単な基準は、

  • ガス代が高いとお困りのご家庭は、東京電力でまとめる
  • 電気代が高いとお困りのご家庭は、東京ガスでまとめる

ということです。

 

例えば、

【毎月のガス代が10,000円で、電気代が5,000円】

というような場合は、東京電力でセットにした方が安くなります。

 

反対に、

【毎月のガス代が5,000円で、電気代が10,000円】

というような場合は、東京ガスでセットにした方が安くなります。

 

どちらの会社でまとめるにしても、電気とガスを別々に契約しているよりもお得です。

 

電気とガスの検針票(「供給地点特定番号」や「お客さま番号」がわかるもの)があれば、必要事項を入力するだけで切り替え手続きが完了します。

ですので、契約変更手続きは5分~10分あれば完了しますので、「光熱費を少しでも安くしたい」とお考えであれば、この機会に切り替えてみると良いですね。

 

東京ガスと東京電力比較まとめ|切り替え前にコレだけチェック!

-光熱費
-, ,

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.