ニュース

関西電力「家計節約全力応援キャンペーン」の詳細とメリット・デメリット

投稿日:

2019年9月1日~12月20日の期間中に対象メニューに新規に申込むと、電気料金が2ヶ月分10%OFFになるという家計節約全力応援キャンペーン。

CMも放送されているので、「関西電力に切り替えるとお得になるのかな?」となんとなく思っている方も多いはず。

ただ、この家計節約全力応援キャンペーン、対象メニューであってもお得にならない場合もあるので注意が必要です。

 

そこで、この記事では関西電力の家計節約全力応援キャンペーンの詳細や、メリット・デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

関西電力「家計節約全力応援キャンペーン」の詳細

まず、家計節約全力応援キャンペーンの対象者やキャンペーン特典についてです。

キャンペーンの詳細

  • 期間:2019年9月1日~12月20日
  • 対象者:キャンペーン期間中に対象メニューに新規申込みした人
  • 対象メニュー:はぴeタイムR、なっトクでんき、なっトクでんきBiz、eおとくプラン、eスマート10
  • キャンペーン特典①:電気料金2ヶ月分10%OFF
  • キャンペーン特典②:抽選で豪華賞品があたる(はぴeタイムRに新規申込みの場合)
  • キャンペーン特典③:QUOカード3000円分がもれなくもらえる(なっトクプランに新規申込みの場合)

※キャンペーン特典②と③は併用できません

 

つづいて、キャンペーンのメリットとデメリットについてです。

家計節約全力応援キャンペーンのメリットとデメリット

メリット

  1. 電気料金が2ヶ月分10%OFFになる
  2. 電気代やガス代が今よりも安くなる
  3. 豪華賞品が抽選で当たる
  4. QUOカード3000円分がもれなくもらえる

※3と4は併用できません。

 

1.の電気料金2ヶ月分10%OFFには、1つ注意点があります。

10%OFFの対象になる料金は、基本料金(または最低料金)と電気を使った料金の合計額です。

電気代には「燃料調整費額」や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」も含まれていますが、これらは割引対象外です。

例えば、1ヶ月の電気代が13,000円だとして、単純に10%の1,300円が割引されるわけではない、ということです。

つまり、1ヶ月の電気代が丸々10%OFFにならないということですね。

 

デメリット

  1. 対象メニューに申込みしても電気代やガス代が安くならないこともある(プランにより異なるので料金シミュレーションが必要)
  2. キャンペーン開始前(2019年9月1日以前)に、なっトクプラン(関西電力のガスプラン)を契約している人はQUOカードプレゼントの対象外

2.のプレゼントキャンペーン対象外について説明します。

QUOカードプレゼントは、新規で「なっトクパック」に加入した人が対象です。

関西電力のサービス名はどれも「なっトク」と入っているので少し分かりにくいです。

  • なっトクパック:電気+ガス
  • なっトクでんき:電気
  • なっトクプラン:ガス

「なっトクパック」に新規加入が対象、つまり2019年9月1日以降に「電気とガス」を関西電力でセットにした人が対象、ということです。

2019年9月1日以前にガス(なっトクプラン)の契約を関西電力に変更手続きしている人も対象外です。

スポンサーリンク

当選した賞品やQUOカードはいつもらえるの?

オール電化プレゼントキャンペーン

期間中にオール電化プラン「はぴeタイムR」に切り替えた方は、以下の賞品の抽選に参加できます。

「はぴeタイムR」に申込みすると自動的にキャンペーンに応募されるので手続き不要です。

賞品 ルンバi7 25名
ブリヂストン アシスダファイン 25名
JCBギフト3000円分 450名
抽選時期 2020年2月下旬に抽選(賞品の発送をもって発表)

 

QUOカードプレゼントキャンペーン

QUOカードプレゼントキャンペーンは抽選ではなく、必ずもらえるキャンペーンです。

ただし、以下の条件があります。

対象者 キャンペーン期間中に、なっトクパック(なっトクでんき+なっトクプラン)に新規申込み、供給開始から1年以上契約できる人
発送時期 契約が確認でき次第発送。原則、初回の請求から約2ヶ月後の発送となる

まとめ

電力やガス自由化は機器の買い替えや工事などなく、契約先を変更するだけで料金が安くなる仕組みなので、基本的に切り替えた方が安くなります。

なので、料金シミュレーションしてみて安くなるようであれば、契約を変更した方が節約できます。

 

電気の契約先が関西電力でないと夜も眠れないくらい不安、という場合は別として、電気代を安くするなら新電力会社もおすすめです。

新電力会社とは?
詳しく見る

新電力会社とは、東京電力や関西電力などの大手電力10社以外の電力会社のことです。

電力自由化後に新しくできたサービス(会社)です。

携帯電話で言うと、大手電力会社がドコモ・au・ソフトバンク、新電力会社がLINEmobile・mineo(マイネオ)・UQmobileなどの格安スマホ、というような感じです。

 

新電力会社は数百社ありますが、中でもオススメはLooopでんき親指でんきです。

おすすめの理由

  • 毎月関西電力に払っている電気の基本料金が0円になる
  • 関西電力は電気を使えば使う程電気の単価が高くなるが、Looopでんきと親指でんきはどれだけ使っても料金単価が一律。つまり、電気をたくさん使う家庭ほど安くなる
  • 初期費用や解約金が0円

 

Looopでんきと親指でんきは料金単価が同じなので、どちらに切り替えても安くなる金額は同じです。

一点違うのは、支払い方法です。

Looopでんきはクレジットカードのみ、親指でんきはクレジットカードと口座振替から選べます。

関西電力より電気代が安くなるLooopでんき | 光熱費を簡単に節約!

親指でんきと関西電力の比較|デメリットやどのくらい安くなるかを解説!

スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.