電力会社自由化おすすめ

ソフトバンクユーザー必見!おうちでんきとあしたでんきを比較|お得なのはどっち?

更新日:

「おうちでんき」と「あしたでんき」、2社ともひらがなの名前なので似たように思いますが、実はサービス内容や料金面など、全く違います。

  • 「おうちでんき」はソフトバンク
  • 「あしたでんき」は東京電力(出資は東京電力で運営はTRENDE株式会社)

 

この記事では「おうちでんき」と「あしたでんき」を比較していますが、

先に結論を伝えると、

電気代の料金メリットが大きいのは「あしたでんき」です。

なので、電気代を大きく節約したいなら「あしたでんき」を契約すべきです。

 

 

反対に、ソフトバンクの「おうちでんき」を契約した方がいい人は、

  • スマホと電気代の支払いを一つにまとめて管理を楽にしたい
  • 一人暮らしで電気代が安い、もしくはスマホ・ネットでソフトバンクを複数台契約している

というような人です。

 

それぞれの公式サイトで料金シミュレーションが出来るので、どれくらい安くなるかおトク額を計算してみてください。

どれくらい安くなる?「おうちでんき」と「あしたでんき」の料金比較

おうちでんきとあしたでんき、それぞれどれくらい安くなるのかについてです。

「おうちでんき」はソフトバンク1回線ごとに100円/月割引

おうちでんきの割引はシンプルで、ソフトバンクの契約1回線ごとに月々100円電気代が割引されます。

対象の契約は以下の3つです。

  • 携帯電話
  • タブレット
  • 固定通信(ネット回線)

最大10回線までが対象になるので、

100円×10回線で、最大で月々1,000円電気代が安くなります。

 

ただし、月々100円安くなるのは2年間。

3年目からは月々50円割引になります。

 

「あしたでんき」は電気代が高いほど割引額が大きくなる



あしたでんきは月々の電気料金が高ければ高いほど、電気代が安くなる仕組みです。

世帯人数ごとに、東京電力との比較を料金シミュレーションしてみました。

 

一人暮らしの料金シミュレーション

  • 現在の電気の契約:東京電力 従量電灯B 30A
  • 電力使用量:200kWh/1ヶ月

月々の平均電気代が6,800円程度の場合、あしたでんきに切り替えると

年間で2,300円程度安くなりました。

あしたでんき一人暮らし

1人暮らしなので、ソフトバンク回線がスマホ1台だとすると、

おうちでんきあしたでんき
割引金額(2年間)2,400円2,300円

おうちでんきの方が100円割引額が大きくなります。

 

とは言っても、どれくらい安くなるかは現在の電気代によって異なるので、一度料金シミュレーションしてみてください。

おうちでんき料金シミュレーションはこちら

あしたでんき料金シミュレーションはこちら

二人世帯の料金シミュレーション

  • 現在の電気の契約:東京電力 従量電灯B 40A
  • 電力使用量:280kWh/1ヶ月

月々の平均電気代が10,000円程度の場合、あしたでんきに切り替えると

年間で8,400円程度安くなりました。

あしたでんき二人暮らし
2人暮らしなので、ソフトバンク回線がスマホ2台とすると、

おうちでんきあしたでんき
割引金額(2年間)4,800円8,400円

あしたでんきの方が3,600円程度割引額が大きくなります。

 

とは言っても、どれくらい安くなるかは現在の電気代によって異なるので、一度料金シミュレーションしてみてください。

おうちでんき料金シミュレーションはこちら

あしたでんき料金シミュレーションはこちら

三人以上の世帯の料金シミュレーション

  • 現在の電気の契約:東京電力 従量電灯B 50A
  • 電力使用量:330kWh/1ヶ月

月々の平均電気代が13,000円程度の場合、あしたでんきに切り替えると

年間で15,000程度安くなりました。

あしたでんき三人暮らし
3人暮らしなので、ソフトバンク回線がスマホ3台+ネット1回線だとすると、

おうちでんきあしたでんき
割引金額9,600円15,000円

おうちでんきの方が5,000円割引額が大きくなります。

 

とは言っても、どれくらい安くなるかは現在の電気代によって異なるので、一度料金シミュレーションしてみてください。

おうちでんき料金シミュレーションはこちら

あしたでんき料金シミュレーションはこちら

「おうちでんき」と「あしたでんき」の契約期間や解約金比較

契約期間や途中解約の違約金の比較です。

おうちでんきあしたでんき
契約期間1年(自動更新)1年
解約金500円(税抜き)0円

おうちでんきは解約金500円は解約事務手数料ですので、いつ解約しても解約金がかかります。

 

500円ではありますが、されど500円です。

解約時にかかるお金が、0円 or 500円、これって結構大きな違いです。

 

インターネット回線もそうですが、ソフトバンク系のサービスは、他社に比べると解約しづらい設定になっています。

「おうちでんき」と「あしたでんき」の悪い口コミ

「おうちでんき」と「あしたでんき」に関する口コミを比較してみました。

契約すれば料金が安くなるというのは分かりきった事なので、敢えて悪い口コミを集めました。

ソフトバンク「おうちでんき」の悪い口コミ

気が付いたら契約内容が変わっていた。

携帯ショップや訪問営業で手続きした時によくある事です。

特に多いのが訪問営業です。

 

「おうちでんき」のサービスが悪いわけではなく、販売する人の問題なので、

訪問販売で契約するのはやめておいた方がいいですね。

 

こちらも先ほどと同じように、勝手に契約が変更されていたパターンです。

「電気のプランを変更するだけで電気代が安くなりますよ」、というような甘い言葉には注意が必要です。

 

訪問販売と同じように、電話営業(テレアポ)にも注意です。

一部の会社ではありますが、当たり前のように嘘をつく業者もあります。

掛かってきた電話で契約するのではなく、自分で電話やネットで手続きをするのが一番です。

 

「あしたでんき」の悪い口コミ

電気料金はかなり安くなったようですが、サポート体制に関する不満です。

カスタマーセンターは担当者によって当たり外れがあるので、この問題は仕方ないかもしれませんね。

 

訪問販売を活発的に行っていないせいか、「あしたでんき」に対する悪い口コミは見かけませんでした。

 

おうちでんきとあしたでんきの口コミに共通していること

口コミや評判に共通していること、

それは、「料金面に関して悪い口コミがない」ということです。

 

契約してから料金が高くなったというような口コミはありませんでした。

(※契約時に嘘をつかれて契約してしまった場合は別ですが)

 

悪い口コミは料金のことではなく、どちらも対応についてです。

特にソフトバンクは、訪問販売の質の悪さに対する口コミが多かったです。

 

どちらも料金メリットがあるサービスなので、料金シミュレーションの結果安くなるのであれば、

契約を変更して損をすることがありません。

 

「騙された」とならない為にも、申込みする時は電話や訪問営業ではなく、
自分で申込み手続きをするようにしてください。

まとめ

ソフトバンクの「おうちでんき」と、東京電力の「あしたでんき」について比較しました。

  • おうちでんきがオススメな人:スマホと電気代の請求をまとめて管理したい人
  • あしたでんきがオススメな人:電気代をたくさん節約したい人

どちらのサービスも料金メリットがありますので、切り替えても損をしません。

一番損をしてしまうのは、何も手続きせずに今のまま契約していることです。

 

料金シミュレーション~手続きまで5分~6分あれば終わるので、この機会に一度やっておくと良いですね。

一度手続きしてしまえば、あとは自動的に電気代が安くなりますよ。

-電力会社自由化おすすめ
-,

Copyright© ガスデンさん , 2020 All Rights Reserved.