どっちがお得?

関西電力と大阪ガス

大阪ガスと関西電力 一人暮らしだとどっちが安いか比較!

更新日:

一人暮らしの場合、電気とガス、どちらでまとめる方が良いのか?」、新社会人の方や、大学生の方から、よく受ける質問です。

 

一人暮らしの場合、何かと入用なので、毎月の光熱費はなるべく安く済ませたいところです。

毎月の料金を少し高く払ったからといって、電気が明るくなるわけでも、ガスの火力が強くなるわけでもありませんからね。

 

ガスも電気も自由化になっているので、選択肢がありますが、どちらでまとめた方が自分にメリットがあるのかが、わかりにくいと思います。

大阪ガスと関西電力、一人暮らしに最適なのはどちらか?について、解説していきます。

 

ポイント

※電気とガスをまとめると、支払いの管理が簡単になるといったメリットがありますが、料金の割引額でいうと、実はあまりお得にならないこともあります。

毎月の電気代やガス代によりますが、関西エリアの場合一番良いのは、「ガスは関電ガス」「電気は新電力会社」に変更した方が最も光熱費を安くすることができます。

この仕組みについても紹介しています。

スポンサーリンク

大阪ガスと関西電力 一人暮らしに適しているのは?

いきなりですが、

ガスと電気をまとめたからといって、必ずお得になるわけではありません

のでご注意ください。

 

現在の利用料金や、使い方によっては、「ガスと電気は別々の契約」の方が結果として安い場合もあります。

 

  • 電気とガスを関西電力でまとめる方が安くなるパターン
  • ガスと電気を大阪ガスでまとめた方が安くなるパターン
  • まとめるメリットがないパターン

それぞれについて説明していきます。

Looopでんきと関西電力の比較
関西電力より電気代が安くなるLooopでんき | 光熱費を簡単に節約!

  例えば、1ヶ月の電気代が10,000円程度の場合、関西電力からLooopでんきに契約を変更するだけで、1年間で15,000円程度安くなります。   光熱費を少しでも安くしたいと ...

続きを見る

大阪ガスと関西電力はどっちが安い?

電気もガスも関西電力でまとめる方が安いパターン

念のため

関西電力でまとめる=大阪ガスで契約している「ガス」を、関電ガスに変更する、ということです。

 

では、どんな場合が関西電力でまとめた方が安くなるのか?

簡単に言うと、

毎月のガス代が電気代より高い。もしくは、ガス代も電気代も安い場合です

 

毎月のガス代が電気代より高い場合

例えば、毎月の光熱費の内訳が、

・電気代5,000円

・ガス代6,000円

だとします。

 

このパターンの場合は、ガスを関西電力に変更した方がお得です。

毎月5,000円程度の電気代では、大阪ガスのでんきに切り替えるメリットは正直ありません。

 

 

毎月のガス代と電気代、どちらも安い場合

例えば、毎月の光熱費の内訳が

・電気代3,000円

・ガス代3,000円

だとします。

 

このパターンの場合でも、ガスを関電ガスに変更した方がお安くなります。

基本的に、毎月のガス料金が2,000円程度の極端に安い料金でない限り、関電ガスに変更するメリットがあります。

 

 

注意!

上記の場合、電気もガスも関西電力でまとめた方が安くなりますが、支払方法によってはメリットがない(高くなってしまう場合)があります。

のちほど、メリットがないパターンを紹介しますので、そちらを確認してください。

 

 

電気もガスも大阪ガスでまとめる方が安いパターン

念のため

大阪ガスでまとめる=関西電力で契約している「電気」を、大阪ガスの電気に変更する、ということです。

 

では、どのような場合が、大阪ガスでまとめた方がメリットがあるのか?

毎月の電気料金がガスよりも、かなり高いご家庭です。

 

毎月の電気代がガス代よりも、かなり高いパターン

例えば、毎月の光熱費の内訳が

・ガス代3,000円

・電気代8,000円

だとします。

 

このパターンの場合は、電気を大阪ガスに変更した方がお得です。

単身住まいの場合、毎月の電気代が8,000円かかる人は、そう多くはありませんが、たまにいます。

 

エアコンを一日中かけている人に多いです。

特に夏場は、帰ってきてから暑くないように、「エアコンの電源を落とさない」、という人もいるようです。

 

ガス代に比べて電気代の方がかなり高い、という人は、電気の契約を変更した方が良いですね。

 

ただ、大阪ガスの電気の割引率は低いので、大阪ガスにこだわりがなければ、新電力会社に変更した方が電気代が安くなります。

 

新電力会社とは?

2016年4月から一般家庭の電気の契約先を選べるようになりました。

今までだと、強制的に関西電力でしたが、同じ品質のものをより安い料金で使えるようになりました。

携帯電話でも、ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMなど選択できるように、電気も様々な会社が選べます。

その中でも一般家庭に絶大な人気を誇るのが、Looopでんきです。

人気の理由は、とにかく電気代が安くなります。

しかも、解約金0円・電気の基本料金0円・契約事務手数料0円と、デメリットがないところも人気の理由です。

※携帯の場合は各社によって電波の強弱がありますが、電気はどの会社を選んでも同じ品質のものです。

 

 

⇒大阪ガスのでんきに切り替えるよりも断然お得なLooopでんき!

スポンサーリンク

大阪ガスと関西電力 比較してもメリットがないパターン

以下のような場合、契約変更には注意が必要です。

 

関電ガス変更後、ガス料金の支払いを請求書希望の場合

さきほど、毎月のガス料金が極端に安くない(2,000円程度)限り、ガス料金が安くなるとお伝えしました。

ただ、請求書支払い希望の場合は、メリットが出ない場合があります。

 

請求書支払いの場合、用紙発行代で毎月216円必要になります。

年間で2,592円です。

 

関西電力にまとめるメリットが、2,592円以下なら、電気とガスの契約は別々のままにしておいた方がいいです。

 

 

大阪ガスのガス契約プランが床暖房やエコジョーズなどのプランの場合

一人住まいの場合、あまりないと思いますが、大阪ガスの契約プランが「床暖房」や「エコジョーズ」などの、ガス単価が安くなっているプランです。

この場合、関西電力に変更しても、メリットが出ないことが多いです。

 

 

関西電力の電気契約プランが「はぴeプラン」「はぴeタイム」「深夜電力」などのプランの場合

関西電力の電気の契約プランは、一般的には「従量電灯A」というプランです。

ただ、電気温水器を利用していたり、オール電化住宅などの場合は、契約プランが異なります。

 

電力会社を変更してしまうと、料金が割高になる可能性があるので、注意が必要です。

 

大阪ガスと関西電力 参考記事

⇒⇒全部わかる!大阪ガス電気と関電ガスのメリットデメリット・仕組みや解約金のまとめ

大阪ガスと関西電力 一人暮らしだとどっちが安いか比較!まとめ

電気とガス、一人暮らしの場合どちらがお得か?について解説しました。

 

今回のまとめです。

  • ガス代が電気代より高い、もしくは両方安い場合は、関電ガスに変更した方がお得
  • 電気代がガス代よりかなり高い場合、大阪ガスの電気 or 新電力会社に変更した方がお得
  • 支払方法や現在の料金プランによっては、メリットが出ない場合がある

 

電気とガスをまとめると必ずお得、というわけではありませんので注意してください。

関西電力エリアの場合は、「ガスは関電ガス」「電気は新電力会社(Looopでんき)」に変更した方が安くなることが多いです。

関西電力より電気代が安くなるLooopでんき | 光熱費を簡単に節約!

 

なんであれ、同じものに高い料金を払い続けるのは、一番のムダ遣いですので、勿体ないですね。

スポンサーリンク

-関西電力と大阪ガス
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.