電気ガスまとめる関西

大阪ガスと関西電力 一人暮らしだとどっちが安いか比較!

更新日:

一人暮らしの場合、電気とガス、どちらでまとめる方が良いのか?

新社会人の方や大学生の方から、よく受ける質問です。

 

一人暮らしの場合、何かとお金がかかるので、毎月の光熱費はなるべく安く済ませたいところです。

毎月の料金を少し高く払ったからといって、

電気が明るくなるわけでも、ガスの火力が強くなるわけでもありませんからね。

 

ガスも電気も自由化になっているので選択肢がありますが、

どちらでまとめた方が自分にメリットがあるのかがわかりにくいと思います。

 

この記事では比較結果や根拠について解説していますが、

先に結論だけお伝えします。

 

一人暮らしの場合、関西電力でガスと電気をまとめる方がお得になることが多いです。

反対に言うと、大阪ガスで電気とガスをまとめてもあまりメリットがありません。

 

下記の契約プランに当てはまる人は、関西電力で電気とガスをまとめましょう。

※一人暮らしの場合は、ほぼ下記の「関西電力:従量電灯A」「大阪ガス:一般料金 or もっと割」で契約しています。

関西電力と大阪ガス一人暮らし比較

関西電力で電気とガスをまとめる = 「なっトクパック」に切り替えるということです。

申込手続きは、こちらの関西電力ホームページからどうぞ。

 

ここからは、大阪ガスと関西電力、一人暮らしに最適なのはどちらかなのか?について詳しく解説していきます。

\QUOカード1000円分がもらえる!/

大阪ガスと関西電力 一人暮らしに適しているのは?

大阪ガスと関西電力、一人暮らしに適しているのは「関西電力」です。

ただ、大阪ガスの契約プランによっては、大阪ガスでセットにした方がお得になる場合もあります。

 

いまの契約状況や光熱費によっても変わってきますので、

次の3つのパターンでそれぞれ説明していきます。

  1. 電気とガスを関西電力でまとめる方が安くなるパターン
  2. ガスと電気を大阪ガスでまとめた方が安くなるパターン
  3. 電気とガスをまとめない方がいいパターン

大阪ガスと関西電力はどっちが安い?

電気もガスも関西電力でまとめる方が安いパターン

念のため

関西電力でまとめる=電気は関西電力で契約、

大阪ガスで契約している「ガス」は関西電力のガス(関電ガス)に変更する、ということです。

では、関西電力でまとめた方が安くなるのはどんな場合でしょう?

簡単に言うと、大阪ガスの契約プランが「床暖房」や「エネファーム」以外であれば、関西電力で電気とガスをセットにした方が安くなります。

 

一人暮らしで「床暖房」や「エネファーム」のプランを契約している方は、ほとんどいないと思います。

エネファームとは、自宅で発電して電気を作ることができる、家庭用燃料電池のことです。

 

関西電力でまとめるとどのくらい安くなるのか、いくつか料金シミュレーションしました。

電気代とガス代が、それぞれ月々3,000円~4,000円の場合

例えば、一年間の電気代とガス代が、次のような金額の場合でシミュレーションしてみました。

  • 電気代:43,632円/1年間、1ヶ月の平均3,636円
  • ガス代:39,545円/1年間、1ヶ月の平均3,295円

 

関西電力と大阪ガス、それぞれで料金シミュレーションした結果、

  • 関西電力で電気とガスをまとめた場合:5,086円/年間安くなる
  • 大阪ガスで電気とガスをまとめた場合:370円/年間安くなる

という結果になりました。
※シミュレーションは概算料金です。

【結論】

電気代とガス代が月々3,000円~4,000円くらいの場合、関西電力「なっトクパック」でまとめる方がお得!

料金シミュレーションや申込みは、関西電力ホームページ大阪ガスホームページで出来ます。

 

月々の平均が、電気代6,500円・ガス代4,000円の場合

例えば、一年間の電気代とガス代が、次のような金額の場合でシミュレーションしてみました。

  • 電気代:77,495円/1年間、1ヶ月の平均6,522円
  • ガス代:50,111円/1年間、1ヶ月の平均4,175円

 

関西電力と大阪ガス、それぞれで料金シミュレーションした結果、

  • 関西電力で電気とガスをまとめた場合:8,516円/年間安くなる
  • 大阪ガスで電気とガスをまとめた場合:2,540円/年間安くなる

という結果になりました。
※シミュレーションは概算料金です。

【結論】

月々の料金が、電気代6,500円・ガス代4,000円くらいの場合、関西電力「なっトクパック」でまとめる方がお得!

料金シミュレーションや申込みは、関西電力ホームページ大阪ガスホームページで出来ます。

月々の平均が、電気代9,000円・ガス代4,000円の場合

例えば、一年間の電気代とガス代が、次のような金額の場合でシミュレーションしてみました。

  • 電気代:109,814円/1年間、1ヶ月の平均9,151円
  • ガス代:50,111円/1年間、1ヶ月の平均4,175円

 

関西電力と大阪ガス、それぞれで料金シミュレーションした結果、

  • 関西電力で電気とガスをまとめた場合:10,322円/年間安くなる
  • 大阪ガスで電気とガスをまとめた場合:5,185円/年間安くなる

という結果になりました。
※シミュレーションは概算料金です。

【結論】

月々の料金が、電気代10,000円・ガス代4,000円くらいの場合、関西電力「なっトクパック」でまとめる方がお得!

料金シミュレーションや申込みは、関西電力ホームページ大阪ガスホームページで出来ます。

 

電気もガスも大阪ガスでまとめる方が安いパターンは、一人暮らしの場合ほぼない

念のため

大阪ガスでまとめる=ガスは大阪ガスで契約、関西電力で契約している「電気」をは大阪ガスの電気に変更する、ということです。

では、大阪ガスでまとめた方がメリットがあるのはどんな場合でしょう?

 

実は、一人暮らしの場合、大阪ガスでまとめるメリットはほとんどありません。

先ほどお伝えしたように「床暖房」や「エネファーム」といった、ちょっと特殊なプランを契約していない限り、大阪ガスでまとめるメリットがありません。

【結論】一人暮らしの場合は関西電力でまとめるべき!

大阪ガスで「床暖房」や「エネファーム」の契約をしていないのであれば、関西電力で電気とガスをまとめた方がいいです。

3つのパターンで検証しましたが、電気代・ガス代に関係なく、関西電力の方がお得になるからです。

 

関西電力でまとめる手続きは関西電力ホームページでカンタンに終わります。

切り替えに工事費や事務手数料などのお金は一切かかりません!

工事もなく、インターネット上の手続きだけで完了です。

 

電気とガスの検針票だけ準備すればOKです!

 

ここから先の内容は、床暖房やエネファームの契約をしていない方には関係のない内容です。

電気とガスをまとめない方がいいパターン。大阪ガスで「床暖房」や「エネファーム」をしている方向け

ここからは、大阪ガスで「床暖房」や「エネファーム」を契約している方向けの情報です。

 

「床暖房」や「エネファーム」を契約している場合は、関西電力より大阪ガスの方がお得と説明しましたよね。

でも実は、この場合電気とガスをセットでまとめない方がいいです。

 

というのも、大阪ガスの電気の割引率は低いので、大阪ガスにこだわりがなければ、新電力会社に変更した方が電気代が安くなります。

 

新電力会社とは?

2016年4月から一般家庭の電気の契約先を選べるようになりました。

今までだと強制的に関西電力でしたが、同じ品質のものをより安い料金で使えるようになりました。

 

携帯電話でも、ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMなど選択できるように、電気も様々な会社が選べますよね。

それと同じように電力会社も自由に選べる時代になりました。

※携帯の場合は各社によって電波の強弱がありますが、電気はどの会社を選んでも同じ品質のものです。

 

新電力会社の中でも絶大な人気を誇るのがLooopでんきです。

人気の理由は、とにかく電気代が安くなることです。

しかも、解約金0円・電気の基本料金0円・契約事務手数料0円と、デメリットがないところも人気の理由です。

大阪ガスのでんきに切り替えるよりも断然お得なLooopでんき!

大阪ガスと関西電力 比較してもメリットがないパターン

以下のような場合、契約変更には注意が必要です。

毎月の料金が請求書払いで、料金メリットが2,000円以下の場合

以下に当てはまる人は注意が必要です。

  • 関西電力で電気とガスをまとめた場合の料金メリットが2,000円以下
  • 月々の料金支払いが請求書払い

月々の料金支払いを請求書払い希望の人は、メリットが出ない可能性があります。

というのも、請求書支払いの場合、用紙発行代で毎月220円必要になります。

毎月220円ということは、年間2,640円かかります。

 

なので、電気とガスをまとめる料金メリットが2,640円以下の場合、切り替えても意味がありません。

ただ、せっかく光熱費が安くなるのに、用紙代で毎月220円もかかってしまうのは勿体ないです。

なので、現在請求書払いの人は、口座振り込みかクレジットカード払いに変更した方がいいですね。

 

大阪ガスのガス契約プランが「床暖房」や「エネファーム」などの場合

以下の機器を使っている人は、ガスの契約は大阪ガスのままにしておいた方がいいです。

  • ガス床暖房を使っている
  • 家庭用燃料電池のエネファームを使っている

一人住まいで「ガス床暖房」や「エネファーム」を使っている人は、ほぼいないと思います。

 

関西電力の電気契約プランが「はぴeプラン」「はぴeタイム」「深夜電力」などのプランの場合

関西電力の電気の契約プランは、一般的には「従量電灯A」というプランです。

ただ、電気温水器を利用していたり、オール電化住宅などの場合は契約プランが異なります。

 

電力会社を変更してしまうと、料金が割高になる可能性があるので、注意が必要です。

大阪ガスと関西電力 一人暮らしだとどっちが安いか比較!まとめ

電気とガス、一人暮らしの場合どちらがお得か?について解説しました。

現在の契約プランが以下の場合は、関西電力で電気とガスをまとめた方がお得になります。

  • 関西電力:従量電灯A
  • 大阪ガス:一般料金 or もっと割

関西電力と大阪ガス一人暮らし比較

大阪ガスでまとめた方が良いパターンは、「床暖房」や「エネファーム」を使っている場合です。

ただ、ひとり暮らしで使っている人はほぼいないと思いますので、迷うことなく関西電力でセットにした方がいいですね。

 

なんであれ、同じものに高い料金を払い続けるのは一番のムダ遣いです。

ですので、料金シミュレーションをして安くなるようであれば、出来る限り早めに切り替えるのがオススメです。

光熱費を安くする手続きには約1ヶ月程度かかりますので。

>>関西電力の料金シミュレーション

▼▼一回手続きするだけで毎月自動的に安くなる▼▼

-電気ガスまとめる関西
-

Copyright© ガスデンさん , 2020 All Rights Reserved.