電力会社自由化おすすめ

北海道電力と楽天エナジー(楽天でんき)の料金比較|どちらが安い?

更新日:

「北海道電力から楽天エナジー(楽天でんき)への切替えを検討しているものの、本当に安くなるのかわからない・・・」

この記事は、料金比較で悩むあなたのための記事です。
北海道電力の契約プランや料金ごとに、楽天エナジーと比較しています。

専門用語は使わずに、簡単にわかりやすく、でも詳しく解説しています。

 

北海道に住んでいるんですが、楽天でんきに切り替えた方が安くなるのでしょうか?
北海道電力を契約している方は、楽天でんきに切り替えると安くなりますよ。

電気料金は必ず毎月かかるものなので、少しでも安いに越したことはありませんよね。

 

でも、「安くなります」とはいうものの、ご家庭ごとに電気料金や使用量は違います。

ですので、一般家庭の平均的な料金だけで試算してしまうと「で、我が家はいくらくらい安くなるの?」というのがわかりにくいかと思います。

 

そこで、北海道電力の契約プラン毎に、月々の電気料金を細かく比較しています。
3,000円~20,000円の幅で比較していますので、現在支払っている料金と近いもので比較してみてください。

>>楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン

北海道電力と楽天エナジーの料金比較の前に確認すること

料金比較をする前に、まずは現在契約しているプランを確認してください。

契約プランって何を確認すればいいんですか?
アンペア(A)といって、電気の契約容量の大きさを表す数字があります。

30Aや40Aというように契約が分かれていますので、まずはその数字を確認しましょう。

契約アンペア(A)の確認は、電気の検針票や請求書、ほくでんエネモールで確認することができます。

 

契約アンペアを確認した結果、20A以下の場合は楽天エナジーに切り替えることができません。

楽天エナジーは、30A以上を契約している家庭が対象になります。

 

では、実際に北海道電力から楽天でんきに切り替えると、どのくらい安くなるのかについて比較していきます。

北海道電力と楽天エナジー(楽天でんき)の料金比較

北海道電力の契約アンペア毎に料金を比較しています。

ご自身が契約中のプランを選んでください。

※クリックすると各項目にジャンプします。

従量電灯B 30Aを契約中
従量電灯B 40Aを契約中
従量電灯B 50Aを契約中
従量電灯B 60Aを契約中

※契約アンペアがわからない場合は、北電の検針票・請求書・マイページで確認できます。それでもわからない場合は、北海道電力に電話すれば確認できます。

 

 

北海道電力「従量電灯B 30A」を契約中の場合

現在の料金プランが「従量電灯B 30A」の場合の比較です。

月々・年間、どちらでも比較できるように、2つの比較表を作成しました。

【料金比較表について】

  • 料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトの計算式を利用しました。
  • 料金は1年間の平均を取っているため、月々の実質差額に12ヶ月かけたものと、年間の実質差額で多少の誤差があります。
  • 楽天ポイントは、電気料金200円につき1ポイントたまります。
  • ポイント計算に、楽天カード支払い分は含まれていません。
  • 料金の実質差額は、(北海道電力-楽天でんき)に+楽天ポイントした金額です。

 

【月々の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/月額楽天/月額ポイント/月々実質差額/月々
1113,002円2,504円 12510円
2085,010円4,712円23321円
2957,005円6,688円33350円
42010,023円9,528円47542円
50012,087円11,357円56786円
61414,999円13,931円691,137円
80819,987円18,341円911,737円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シミュレーションは、2019年9月現在の料金です。

 

【年間の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/年間楽天/年間ポイント/年間実質差額/年間
 11136,034円30,057円 1436,120円
20860,123円56,549円2753,849円
29584,071円80,267円3954,199円
420120,284円114,340円5656,509円
500145,055円136,288円6769,443円
614179,991円167,174円83013,647円
808239,854円220,097円109420,851円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シュミレーションは、2019年9月現在の料金です。

 

月々の料金が3,000円以上であれば、使用量に関係なく安くなりますね。

料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトで簡単にできますので、1度比較してみてください。

 

北海道電力「従量電灯B 40A」を契約中の場合

現在の料金プランが「従量電灯B 40A」の場合の比較です。

月々・年間、どちらでも比較できるように、2つの比較表を作成しました。

【料金比較表について】

  • 料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトの計算式を利用しました。
  • 料金は1年間の平均を取っているため、月々の実質差額に12ヶ月かけたものと、年間の実質差額で多少の誤差があります。
  • 楽天ポイントは、電気料金200円につき1ポイントたまります。
  • ポイント計算に、楽天カード支払い分は含まれていません。
  • 料金の実質差額は、(北海道電力-楽天でんき)に+楽天ポイントした金額です。

 

【月々の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/月額楽天/月額ポイント/月々実質差額/月々
 854 3,014円2,099円10925円
17785,000円4,370円21651円
27857,501円6,846円34689円
374610,002円9,208円46840円
446611,994円10,978円541,070円
554414,992円13,629円681,431円
734920,011円18,066円902,035円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シュミレーションは、2019年9月現在の料金です。

 

【年間の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/年間楽天/年間ポイント/年間実質差額/年間
85436,168円25,191円 11911,096円
177860,006円52,449円2567,813円
278590,015円82,154円4068,267円
3746120,025円110,506円54710,066円
4466143,932円131,745円65212,839円
5544179,905円163,548円81217,169円
7349240,137円216,793円107824,422円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シュミレーションは、2019年9月現在の料金です。

月々の料金が3,000円以上であれば、使用量に関係なく安くなりますね。

料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトで簡単にできますので、1度比較してみてください。

 

北海道電力「従量電灯B 50A」を契約中の場合

現在の料金プランが「従量電灯B 50A」の場合の比較です。

月々・年間、どちらでも比較できるように、2つの比較表を作成しました。

【料金比較表について】

  • 料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトの計算式を利用しました。
  • 料金は1年間の平均を取っているため、月々の実質差額に12ヶ月かけたものと、年間の実質差額で多少の誤差があります。
  • 楽天ポイントは、電気料金200円につき1ポイントたまります。
  • ポイント計算に、楽天カード支払い分は含まれていません。
  • 料金の実質差額は、(北海道電力-楽天でんき)に+楽天ポイントした金額です。

 

【月々の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/月額楽天/月額ポイント/月々実質差額/月々
 6783,003円 1,666円81,345円
16404,998円4,031円20987円
26557,509円6,526円321,015円
362610,009円8,913円441,140円
435612,023円10,708円531,368円
542715,001円13,341円661,726円
722820,009円17,768円882,329円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シミュレーションは、2019年9月現在の料金です。

 

【年間の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/年間楽天/年間ポイント/年間実質差額/年間
67836,040円 19,997円9316,136円
164059,979円48,378円23511,836円
265590,117円78,319円38612,184円
3626120,119円106,965円52913,683円
4356144,278円128,499円63716,416円
5427180,015円160,094円79320,714円
7228240,119円213,223円105927,955円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シュミレーションは、2019年9月現在の料金です。

月々の料金が3,000円以上であれば、使用量に関係なく安くなりますね。

料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトで簡単にできますので、1度比較してみてください。

 

北海道電力「従量電灯B 60A」を契約中の場合

現在の料金プランが「従量電灯B 60A」の場合の比較です。

月々・年間、どちらでも比較できるように、2つの比較表を作成しました。

【料金比較表について】

  • 料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトの計算式を利用しました。
  • 料金は1年間の平均を取っているため、月々の実質差額に12ヶ月かけたものと、年間の実質差額で多少の誤差があります。
  • 楽天ポイントは、電気料金200円につき1ポイントたまります。
  • ポイント計算に、楽天カード支払い分は含まれていません。
  • 料金の実質差額は、(北海道電力-楽天でんき)に+楽天ポイントした金額です。

 

【月々の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/月額楽天/月額ポイント/月々実質差額/月々
 5022,993円1,223円 61,776円
15025,007円3,692円181,333円
25167,498円6,185円301,343円
350710,025円8,621円431,447円
422611,996円10,388円511,659円
531615,027円13,068円652,024円
711020,016円17,478円872,625円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シュミレーションは、2019年9月現在の料金です。

 

【年間の料金比較】

年間使用量(kWh)北電/年間楽天/年間ポイント/年間実質差額/年間
 50235,917円14,807円6921,179円
150260,092円44,305円21716,004円
251689,976円74,220円36516,121円
3507120,311円103,454円51317,370円
4226143,957円124,665円61719,909円
5316180,333円156,819円77924,293円
7110240,199円209,743円104231,498円

※表の端が切れている場合は、横にスライドすれば表示されます。
※料金シュミレーションは、2019年9月現在の料金です。

月々の料金が3,000円以上であれば、使用量に関係なく安くなりますね。

料金シミュレーションは、楽天エナジー公式サイトで簡単にできますので、1度比較してみてください。

北海道電力から楽天でんきに切り替えてもデメリットはない!?

いくら料金が安くなっても、今と変わることが多かったり、デメリットばかりだと意味がないですよね。

こちらの楽天でんきのデメリットや変更点を詳しく解説!でもご紹介していますが、楽天でんきに切り替えてもデメリットはありません。

 

契約期間の縛りや違約金がありませんし、電気の品質も今までと同じものです。

同じ商品なのに、支払先を変えるだけで料金が安くなるイメージですね。

例えば、全く同じ牛乳なのに、購入するお店が違うだけで料金が安くなるのと同じです。

北海道電力と楽天でんきの仕組みのイメージ

 

上の図の例で言うと、同じ牛乳に毎回毎回30円高く払っていることになります。

10本で300円、20本で600円、30本で・・・

電気料金は毎月かかるものなので、1か月500円変われば、1年で6,000円、2年で12,000円、3年で・・・

というように大きな差額になるので、もったいないですね。

 

 

500円くらいだったら、まぁいっかって思っちゃうんですよね。
じゃあ、こう考えてみてはどうでしょうか?

 

もし、いま楽天でんきを契約していて、北海道電力よりも毎月500円安くなっているとします。
楽天でんきには何の不満もありません。

その状態で、わざわざ月々500円、年間で6,000円高くなる北海道電力に戻すでしょうか?

高くなるのがわかっているので、戻しません。
ということは、月々500円高いのが嫌だということですよね。

お気づきだと思いますが、じゃあ、いま北海道電力を契約している状態は??

早く、北海道電力から楽天でんきに契約を変えないと勿体ないですね。

 

契約の切替えとなると、「手続きが面倒」とイメージがあるかもしれませんが、電力会社の変更手続きは5分~10分で完了します。

必要事項を入力するだけで、あとは何もしなくて大丈夫です。

簡単な手続きをするだけで電気代が毎月安くなる
楽天のでんきの手続きはこちら

楽天エナジー(楽天でんき)への切り替え手続きは超簡単!

楽天でんきへの切替えは、北電の「お客様番号」と「供給地点特定番号」があれば、楽天でんきの公式サイトで5分~10分で完了します。

もし番号がわからない場合は、検針票やほくでんエネモールで確認できます。

 

それでも不明な場合は、北海道電力に電話をすれば教えてくれますよ。

-電力会社自由化おすすめ
-,

Copyright© ガスデンさん , 2020 All Rights Reserved.