a-station

【プロが解説!】アプラスカードと光熱費節約のサイト

飲食店の電気代節約

光熱費

動力の電気代は安くなる?プロが教える飲食店の光熱費削減!裏ワザも!

更新日:

飲食店を経営されている方は、光熱費に頭を悩ませている方も多いです。

特に、「電気代をなんとかしたい」と、考えているオーナー様は多いですよね。

 

冬は暖房で電気を使いますし、夏場はクーラーを利用するので、電気代が高いとお困りのご相談をよく受けます。

飲食店の電気代(美容室や雑貨屋さんも同様です)は、思っているより簡単に下げることができます。

 

今日からできる簡単なことから、本格的な節約まで、プロが解説します。

飲食店の電気代の節約術① 今日から使える簡単な方法!

まずは、今日から始められる、電気代の削減方法についてご紹介します。

簡単にできる裏ワザなのですが、意外と知らない方が多いです。

 

 

飲食店の場合、多くのお店が電気の契約は2種類に分かれています。

・1つが、「従量電灯契約」

・もう1つが「動力」

この2つで契約しているお店が、ほとんどです。

 

店内の電気契約は、従量電灯契約になっていると思います。

動力契約は、主にエアコンです。(冷蔵庫も動力契約になっている場合もあります)

 

 

この動力契約の基本料金を、節約できることをご存じですか?

動力のブレーカーを落としておくだけで、基本料金が節約できます

 

 

エアコンの電源を入れていなくても、毎月、動力の電気代は基本料金がかかっています。

これは、エアコンの電源を切った状態でも、わずかに電気が流れているからです。

動力は、使用電力が1kwhでも計測されると、基本料金が全額かかってしまいます。

 

 

ただ、使用電力が0kwhの場合は、基本料金は半額に抑えることができます。

つまり、動力のブレーカーを落としておけば、使用電力量は0kwhということです。

 

 

一年中エアコンを使用しているお店の場合や、冷蔵庫も動力で使用している場合は、この方法は使えませんが、動力はエアコンだけで使用は夏場と冬場のみ、という場合は、動力のブレーカーの電源を落としておくと節約になりますよ。

 

エアコンのブレーカーを落とす時の注意点

エアコンは使用していない場合、内部の冷媒機能を一定温度に保つため、待機電力を消費しています。

ブレーカーを落としてしまうと、エアコンの冷媒機能がストップされてしまいます。

ブレーカーをしばらく落としたままの状態から、ブレーカーの電源を入れていきなりエアコンを作動してしまうと、故障してしまう可能性もあります。

エアコンを使用するときは、ブレーカーを上げていきなり使うのではなく、使用する数時間前には、ブレーカーの電源を入れておくようにしてください。(ブレーカーを落とすことによって、お使いのエアコンによっては、不具合を起こす可能性もあります。取扱い説明書を確認、もしくはエアコンのメーカーに問い合わせるのが、一番確実です。)

飲食店の電気代削減 電力会社の変更

小売りが電力自由化になってから2年経過しますが、電力会社を変更しているお店は、実はそれほど多くありません。

あくまでも個人的な感覚ですが、色々なオーナー様とお話している感じでいうと、変更済の方は2割程度ではないでしょうか。

 

電力会社を変更することが、電気代を安くする一番簡単な方法です!

では、電力会社を変更すれば電気代を削減できるのに、なぜ変更していない店舗が多いのか?

 

 

それは、「イマイチ信用できない」「面倒な感じがする」からです。

よくお店に「電力会社を変更するだけで、料金が安くなります」と電話があるそうなのですが、電話営業は信用できない、というのが大きいようです。

確かに、「電話で契約したけど、全く安くなっていない。むしろ毎月電気代が高くなってしまった」という、飲食店のオーナー様もいらっしゃいますからね。

 

個人的には、かかってきた電話でそのまま契約されるのも、どうかと思いますが・・・

 

 

基本的に、電力会社を変更しても、今の状態と何ら変わることはありません。

停電が発生した場合や電気の復旧などは、電力会社への連絡になります。

 

変わることといえば、電気料金の支払先が変わるので、支払方法の変更をするくらいです。

電力自由化で選択できる会社は数百社ありますが、その中でも人気は【Looopでんき】です。

 

既存の電力会社と比べると、電気代がかなり安くなる場合が多いです。

Looopでんきに関しては、こちらのLooopでんきのまとめ!まずはコチラを読んでから料金シュミレーションで解説しています。

Looopでんき料金シュミレーション
 

ただ、電力会社を変更したからといって、必ず安くなるわけではありません。

ご自身のお店の電気代が安くなるかどうかは、簡単に無料でシュミレーションできますので、変更前に必ずチェックしておいてください。

スポンサーリンク

 飲食店の光熱費削減 LED照明

お店の電灯をLEd電灯に変更する方法もあります。

一度はお話を聞いたことがある人が、多いのではないでしょうか?

 

だいたいどこのオーナー様も、「よく営業に来る」とおっしゃいますので。

 

LEDへの変更を簡単に説明すると、

電球をLEDに交換すると、電気代が下がるので、その下がった分で、LEDの工事代や電球代を支払ってください

というものです。

 

このLEDへの交換は、かなり高い確率で得になります。

電気代が下がった分で、工事代や電球代を支払えて、さらに毎月いくらか浮いてきます。

例えば、1万円電気代が下がった中から、LEDに8,000円支払うので、残り2,000円は今よりお得になる、という感じです。

しかも、LEDに交換した費用を支払い終われば、浮いている分は丸々得する仕組みです。

 

注意が必要です!

・なかには、相場より高い金額で契約を結んでいるオーナー様もいらっしゃいます。

・高い金額になっている方の多くが、電話や訪問営業での案内で、そのまま契約してしまっています。

 

電話営業や訪問営業の場合、あとから思わぬトラブルに発生することもあります。

LED自体は良いサービスですが、中には営業手法がグレーな会社もありますので、ご注意ください。

 

電話営業や訪問営業の場合、必ず一度検討してから交換するようにしましょう。やってしまってから後悔しても遅いですよ

 


 動力の電気代は安くなる?プロが教える飲食店の光熱費削減!裏ワザも!

飲食店の電気代を安くする方法は、他にもありますが、代表的なものを3つ紹介しました。

 

電気代が毎月1,000円でも下がれば、かなり大きな削減です。

たまに「1,000円くらい」というオーナー様もいらっしゃいますが、利益で1,000円上げるためには、1,000円の商品を2つ3つ(もしくはそれ以上)販売しなければいけないわけですので、少しの手間で毎月自動的に安くなると思えば、大きな節約になるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

-光熱費
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.