床暖房料金 関電ガスvs大阪ガス

関西電力と大阪ガス

 関電ガスと大阪ガスは床暖房を使っている場合どちらがお得?

更新日:

自宅で床暖房を利用している場合、大阪ガスから関電ガスに契約変更する際は注意が必要です。

現在の大阪ガスの契約プランや、床暖房の使い方によっては安くならない場合もあります。

 

床暖房を利用しているご自宅が、関電ガスに変更する場合のメリットとデメリットについて解説します。

スポンサーリンク

 関電ガスと大阪ガスは床暖房を使っている場合どちらがお得?

自宅で床暖房を利用している場合、まず確認することが大阪ガスの契約プランです。

大阪ガスの契約プランは、毎月大阪ガスから送られてくる(もしくはポストに投函される)、ガスの使用量のお知らせの用紙で確認できます。

 

ガス使用量の用紙の左下に記載があります

 

「一般」「もっと割」「床暖房」など、契約プランの記載を確認してください。

 

「一般」や「もっと割」などの場合は、自宅で床暖房を利用していても、関電ガスに変更すればメリットがあります。

ただ、床暖房を利用している時点で、「一般」や「もっと割」の契約になっている可能性は、極めて低いと思います。

ほとんどのご家庭が、「床暖房契約」になっている可能性が高いです。

 

ご自宅の大阪ガスの契約プランは、どの契約でしたか?

「一般」や「もっと割」の場合は、関電ガスにすると安くなりますよ。

 

【注意点!】
※万が一、「一般」や「もっと割」の契約だった場合は、実は関電ガスに変更するよりも、大阪ガスで「床暖料金」に変更した方が安くなることがほとんどです(床暖房をどのくらいの頻度で使用しているかどうかにもよります)

 

自宅の契約プランが「床暖房」だった方は、床暖房の使い方によって異なりますので、確認していきましょう。

大阪ガスの床暖房の方が料金が安いパターン

床暖房を利用するのは冬がメインだと思いますが、どのくらい使いますか?

 

例えば、よく聞くのが「犬がいるので、ずっとつけっぱなしにしている」とか、「家にいる時は、基本的にずっとつけている」などです。

 

こういった使い方をされているご家庭は、関電ガスに変更してしまうと、ガス代が高くなるので変更をしない方が良いです。(ある方法を除いてはですが・・・、ある方法については、あとで説明しますね)

 

床暖房を利用している家が、関電ガスに変更してメリットがあるかどうかの基準値があります。

毎月のガスの使用量が50㎥を超えているかどうかです

50㎥を超えている月が、数か月ある場合は、間違いなく大阪ガスのままの方が安いです。

 

「床暖料金」は、50㎥を超えると単価がグンと安くなります。

ですので、床暖房を使っている場合、50㎥は超える事が多いと思うので、基本的に変更しない方がいいですね。

スポンサーリンク

関電ガスの床暖房の方が料金が安いパターン

先程、大阪ガスの料金プランが「床暖料金」であっても、ある方法で安くすることができるとお伝えしました。

そのある方法とは?

 

床暖房を使用しない季節は、関電ガスに変更する方法です
どういうこと?
わかりにくいと思うので、例で説明しますね

・床暖房を使っている期間:12月~3月
⇒ガスの使用量の平均は、120㎥/月

・床暖房を使わない期間:4月~11月
⇒ガスの使用量の平均は、20㎥/月

 

かなり極端なので、このようなご家庭はないと思いますが、わかりやすくする為に極端にしています。

 

床暖房をよく使用する12月~3月は、ガスの使用量が120㎥なので、大阪ガスの床暖房料金の方がメリットがあります。

反対に、床暖房を使用しない4月~11月の時期は、ガスの使用量が20㎥ですので、関電ガスの方がガスの単価が安くなります。

 

つまり、床暖房を使用しない4月~11月の時期は「関電ガス」床暖房を使用する「12月~3月」の期間は「大阪ガス」で契約すれば、期間ごとで安いガス料金を使うことができるというわけです

 

費用はかからないの?
ガスの契約プランを変更するにあたり、解約金は必要ありません
関連記事大阪ガスから関電ガス切替の解約金は?関電の契約期間や違約金は?

 

ただ、このやり方にはデメリットもあります。

【デメリット】

■手続きが面倒
⇒契約変更のたびに、支払方法を登録する必要があるので面倒です。

■床暖料金が適用外の可能性もある
⇒床暖料金には、解約金や違約金は設定されていませんが、解約後1年以内の申込みの場合は、床暖料金が適用外になる可能性があります。

 

床暖房を使用しない期間を関電ガスに変更することで、毎月のガス料金が安くなりますが、面倒・床暖料金が適用外の可能性もあります。

正直、あまりオススメできない方法ではあります。

大阪ガスと関西電力まとめることがお得とは限らない

自宅で床暖房を利用している場合は、大阪ガスの料金プランを確認してください。

基本的には、「床暖料金」になっているはずです。

 

床暖房を使用している場合、ガスの使用量が50㎥を超えている月が数か月あれば、大阪ガスで契約しておいた方がお得です。

その場合は、ガスを大阪ガスのままにしておいて、電気を関西電力以外の会社に変更する方がお得です。

 

ガスが大阪ガスなので、電気も大阪ガスの電気で」と、安易にまとめてしまう人もいますが、実は勿体ないやり方です。

電気料金は、関西電力や大阪ガスよりも安い会社はたくさんありますので。

電気料金を見直すだけで、毎月500円以上電気代が安くなることも多いですよ。
関西電力より電気代が安くなるLooopでんき | 光熱費を簡単に節約!

 

携帯電話やインターネットでもそうですが、同じ会社でまとめたからといって、必ず安くなるわけではありません。

特に電気の場合は、まとめるよりも別々に契約した方が、安くなることも多いです。

関連記事⇒⇒大阪ガス電気と関電ガスのメリットデメリット・仕組みや解約金のまとめ

スポンサーリンク

-関西電力と大阪ガス
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.