a-station

【プロが解説!】アプラスカードと光熱費節約のサイト

デメリット

関電ガス

関電ガスのデメリット ガス漏れや機器の故障・請求書はどうなる?

更新日:

大阪ガスから、関西電力に変更するだけで、毎月の料金が安くなる関電ガス。

契約変更の際、だいたいはメリットを多く伝えますが、デメリットは必要最低限のことしか伝えてくれないものです。

 

「聞かれていないので」という、営業の人も多いので、変更の際は注意が必要です。

ここでは、関電ガスのデメリットについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

関電ガスのデメリットとは?

関電ガスに契約を変更する、最大のメリットは「ガス代が安くなる」ということです。

そもそも、なぜ大阪ガスより関電ガスの方が安くなるのか?については、関電ガスが安い理由と仕組み 安くならない条件とは?で解説しています。

 

プロパンガスを利用している場合、関電ガスに変更することが出来ません。
「プロパンガスの料金が高い」とお困りの方は、プロパンガスの料金が高い3つの理由と安くする方法をご覧ください。

 

ガスを変更する際に、最も不安になること、それは緊急時の対応だと思います。

・ガス漏れが発生した時はどうなるのか?

・緊急時の対応が関電だと遅れてしまうのではないか?

・ガスの機器が故障した時の対応は誰がするのか?

などです。

 

他にも、大阪ガスから関電ガスに変更しても、変わらないこともありますし、変わることもありますので、そのあたりについて詳しく解説します。

関電ガスにした場合のガス漏れの対応は?

大阪ガスを使用している場合、ガス漏れが発生すれば、当然大阪ガスが対応しますよね。

では、関電ガスに変更した場合はというと、「大阪ガス」が行います。

 

ガス事業法というものがあるので、関電ガスに切り替わったとしても、そこは変わりません。

 

ガス漏れの連絡はどこにする

ガス漏れの場合、連絡は関電に行います。

関西電力に電話すると、関電から大阪ガスに連絡が行く仕組みです。

関電からのパンフレットやステッカーに、緊急の場合の連絡先が記載されていますので、万が一の時の為に確認しておいた方が良いと思います。

 

各エリアによって連絡先が分かれています。

関西電力緊急連絡先
出典:関西電力公式サイト

 

関電ではなく、直接大阪ガスに連絡しても対応は可能です。

 

ガス漏れの対応が関電だと遅くなるのでは?

緊急時の対応の速さは同じです。

関電はガスは作っていますが、家庭やお店に届くまでのガス配管(導管)は、大阪ガスのものです。

 

ですので、緊急時には大阪ガス・関電ガスに関係なく、迅速に対応する仕組みです。

 

ちなみに、これと反対で大阪ガスが電気事業を行っていますが、電気を関電から大阪ガスに変更したとしても、停電時の対応は関西電力が行います。

 

関電ガス 機器が故障した場合は?

関電ガスに変更後、機器が故障した場合は関電ガスが行います。

厳密にいうと、サポートショップなどが行うようになります。

 

岩谷産業という、LPガスを取り扱っている会社がサポートする形です。

スポンサーリンク

大阪ガスから関電ガスに変更して変わること

大阪ガスから関電ガスに切り替えると、変更になることがあります。

①毎月、大阪ガスから届いている「ガス使用量の用紙」が届かなくなる

②料金の支払いをコンビニ払い(請求書)にしている場合は、別途費用がかかる

この2点が変更になります。

 

順番に説明していきます。

 

①ガス使用量の用紙(検針票)が届かなくなる

請求書とは別に、毎月ガスの使用量と請求予定金額が、記載されている用紙です。

飲食店などでは、使用量の用紙で管理している方もいると思いますので、注意してください。

 

関電ガスで、ガスの使用量を確認する方法は2つありますよ

・ガス使用量の書面発行(108円)
・「はぴeみる電(webサイト)」に登録

 

②コンビニ払い(請求書)にしている場合、別途費用がかかる

関電ガスは、基本的に「口座引き落とし」か「クレジット決済」に対応しています。

関電ガスで請求書払いにすると、【216円/毎月】必要になるので注意してください。

 

請求書払いを継続したまま、関電ガスに変更する場合は、毎月216円(年間2,592円)も計算に入れて、変更するかどうかを検討した方が良いと思います。

 

Looopでんきと関西電力の比較
関西電力より電気代が安くなるLooopでんき | 光熱費を簡単に節約!

  例えば、1ヶ月の電気代が10,000円程度の場合、関西電力からLooopでんきに契約を変更するだけで、1年間で15,000円程度安くなります。   光熱費を少しでも安くしたいと ...

続きを見る

関電ガスのデメリットのまとめ

大阪ガスから関電ガスに変更するデメリットは、大きなものは特にありません。

ガス漏れや機器の故障なども、今と変わらないサービスを受けることが可能です。

 

デメリットを上げるとしたら、

・毎月の検針票が届かなくなる

・請求書払いは216円(毎月)必要

ということです。

 

毎月のガス代が高ければ高い程、割引額も大きくなりますが、変更すると割高になることもあります。

現在の、大阪ガスの料金プランなどによっても変わってきますので、変更する前に必ずチェックしておいた方がいいですね。

⇒⇒関西電力より電気代が安くなるLooopでんき | 光熱費を簡単に節約!

⇒⇒全部わかる!大阪ガス電気と関電ガスのメリットデメリット・仕組みや解約金のまとめ

スポンサーリンク

-関電ガス
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.