looopでんきスマートメーター

Looopでんき

Looopでんきってスマートメーターに交換が必要?見分け方や確認方法は?いつ交換にくる?

更新日:

Looopでんきに契約を変更するときに、わからない言葉がいくつかあるのではないでしょうか。

その中の一つがスマートメーター。

 

スマートメーターを聞きなれない人からすると、

スマートメーターに絶対に変えないといけないの?
そもそもスマートメーターってなに?
我が家がスマートメーターかどうかを見分けるにはどうすればいいの?

 

手続きの途中でわからないことがあると、ちょっと面倒になりますよね。

 

Looopでんきに限らずですが、電力会社を変更するときはスマートメーターが必須になります。

ただ、スマートメーターへの交換には、費用はかからないので安心してください。

あと、いまスマートメーターが設置されていてもされていなくても、手続きは簡単で自動的に進んでいきますよ。

⇒スマートメーターの手続きは簡単!Looopでんきの申込みはコチラ

 

スマートメーターがなぜ必要なのか?、そもそもスマートメーターってなにをするもの?、自宅がスマートメーターかどうかの見分け方や手続き方法などについて、詳しくわかりやすく解説していきます。

スマートメーターってなに?

スマートメーターって、そもそもなんですか?
検針員がこなくても、遠隔で電気の使用量を検針できる電気メーターのことです。

 

以前のアナログのメーターの場合、毎月毎月、検針員が来て電気の使用量を計測していました。

そしてポストに検針の紙が入っていたと思います。

 

それが、スマートメーターになると、検針員が来なくても各家庭の電気使用量がわかる仕組みになるんです。

 

我が家に何かメリットはあるの?
スマートメーターになると、インターネット上で細かく電気の使用量をチェックすることができるようになります。

 

例えば、「先月の電気代は8,000円か。もうちょっと節約しないとなぁ・・・」などではなく、「昨日はクーラーをつけすぎたから電気代が高くなっているなぁ、今日はエアコンを抑え気味にしよう」など、細かい単位で電気代をチェックできるので、節約の工夫をすることができるようになるんです。

 

スマートメーターになると、30分ごとの電気使用量を計測して記録することができるようになります。

Looopでんきに変更するならスマートメーターは必須!

Looopでんきに切り替えるときに、なんでスマートメーターに交換する必要があるの?
簡単に言うと、コストを抑えて電気代を安くする為です。

 

Looopでんきを始めとする新電力会社(※東京電力や関西電力など昔からある大手電力会社以外のこと)は、日本各地に電気の検針員がいるわけではありません。

なので、もし昔ながらの検針が必要なスタイルだと、人件費がかかってしまうので、電気代を安くすることができないんです。

 

検針員が必要な場合、日本各地に安く電力を供給することができなくなり、大手電力会社から変更するメリットがなくなってしまうというわけなんですね。

 

もちろん料金以外にも理由はありますが、私たち消費者に関係あるのは、やっぱり料金面が大きいですね。

 

スマートメーターは2020年までには全世帯に設置される予定になっているので、もし、まだスマートメーターになっていないのであれば、ちょうど良い機会ですね。

⇒Looopでんきへの切り替え手続きはコチラ


スマートメーターの見分け方

我が家がスマートメーターかどうかは、どうやって見分ければいいんですか?
アナログメーターとスマートメーターは見た目でわかりますよ!

スマートメーター

アナログメーター

※上の画像と違う外観のものもあります。

 

 

スマートメーター設置済の場合の手続き

すでにスマートメーターが設置されている場合、手続きや設定は必要ありません。

Wi-Fiみたいに何か新しく設定しなくてもいいの?
スマートメーターの設定は不要なので、今のままで使うことができますよ。

 

 

 スマートメーター未設置の場合の手続き

メーターを確認した結果、アナログメーターだった場合。

この場合も手続きは不要です。

Looopでんきに申し込みをすると、自動的に現在の電力会社(東京電力や中部電力)などがメーターの交換に来ます。

 

「いついつメーターの交換に伺います」という連絡が入ることもあれば、「知らない間にメーターの交換が完了していた」という場合もあります。

 

 

スマートメーターの交換はいつくるのか?

スマートメーターへ切り替わる時に、契約している電力会社によっては停電が発生する場合があります。

東京電力や九州電力の場合は基本的に停電しませんが、それ以外の地域の場合5分~15分停電になる可能性もあります。

 

毎回楽しみに見ているドラマの録画予約をしている
犬がいるので、エアコンをつけっぱなしで外出している

こんな時、停電してしまうと困ってしまいますよね。

 

スマートメーターの交換にいつくるのかについては、Looopでんき申込み後、契約中の電力会社に問い合わせてみてください。

 

 

念のため、各電力会社の問い合わせ先を載せておきます。

電力会社 問い合わせ先
北海道電力 お近くのほくでん一覧
東北電力 コールセンター
東京電力 カスタマーセンター検索
中部電力 担当の中部電力窓口
北陸電力 各種問い合わせ窓口
関西電力 お問い合わせ・お手続き
中国電力 営業所のお問い合わせフリーダイヤル
四国電力 問い合わせ窓口
九州電力 営業所・配電事業所お問い合わせ先一覧

Looopでんきってスマートメーターに交換が必要?見分け方や確認方法は?まとめ

Looopでんきに契約を変更する場合、スマートメーターへの交換は必須になります。

「交換が必須」というものの、スマートメーターが設置済でも未設置でも、Looopでんきに申し込みをすれば自動的に手続きが完了します。

 

電気代を安くするための手続きは、ネットの申込みページで必要事項を入力するだけで完了なので、携帯電話の契約を変更するよりもかなり簡単です。

手続きが遅くなればなるほど、高い電気代のままになってしまうので、できるだけ早く切替え手続きした方が良いですね。

 

Looopでんきの申込みはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


 

-Looopでんき
-,

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.