a-station

【プロが解説!】アプラスカードと光熱費節約のサイト

親指でんきのメリットとデメリット

光熱費

親指でんきのメリットとデメリット|切り替える目安は?評判や口コミは?

更新日:

親指でんきに契約を切り替えると、本当にお得になるんですか?

何かデメリットはないんですか?

 

現在の電気の契約プランや使用量によって変わりますが、切り替えると電気代が安くなる場合が多いですよ。

デメリットはとくにありませんが、今の状況と変わることなどについて、詳しく紹介していきますね。

 

親指でんきのメリットやデメリットを、専門用語をなるべく使わずにわかりやすく解説していますので、切り替えを検討している方は参考になさってください。


親指でんきのメリットは?どれくらい安くなる?

親指でんきに切り替えると、電気代はどれくらい安くなるんですか?

 

いま契約している電力会社や、電気料金によっても異なります。

一度試算してみますね。

 

試算条件

  • 1ヶ月の電気代の平均額:約7,000円
  • 1年間の電気代合計:約84,000円
  • 東北、東京、中部、北陸、九州のいずれかの電力会社で契約中:契約プラン【従量電灯B・40A】
  • 関西、中国、四国のいずれかの電力会社で契約中:契約プラン【従量電灯A】

 

1ヶ月の電気代の平均額が7,000円程度の場合、どの大手電力会社と比較しても料金が安くなります。

 

現在の電力会社 変更後の年間電気代差額
東北電力 約4,000円
東京電力 約4,000円
中部電力 約4,500円
北陸電力 約7,500円
関西電力 約6,500円
中国電力 約1,500円
四国電力 約1,000円
九州電力 約5,500円

 

月々7,000円以上の電気代を支払っている場合だと、メリットがあるってこと?

 

親指でんきに切り替えて安くなる金額は、現在の電力会社の契約プランによって異なるので、必ず料金シュミレーションをしてくださいね。

親指でんきのデメリット|今とどう変わる?

メリットはわかったんだけど、デメリットや何か変わってしまうことってないの?

 

特にデメリットはありませんよ。

でも、気になると思いますので1つ1つ確認していきましょう。

 

 

親指でんきになると停電しやすくなる?緊急時の対応は?

親指でんきになっても電気の品質は同じですので、停電になりやすくなることはありません。

停電などの緊急時の対応は、従来通り大手電力会社が行います。

 

 

親指でんきが倒産した場合は電気がこなくなる?

仮に親指でんきが倒産したとしても、電気の供給が止まることはありません。

大手電力会社が電気を供給する仕組みになっている為です。

 

 

途中解約の違約金は?

親指でんきには途中解約の違約金がありません。

他の会社にいつでも電気の契約を変更することが可能です。

 

 

親指でんきの電気料金の支払い方法は?

電気料金の支払いにはクレジットカードと口座振替が利用できます。

デビットカードやコンビニ払いは利用不可です。

 

 

電気の検針票はどうなる?

大手電力会社が発行している検針票は、当然ですが発行されません。

ただ、新しく親指でんきの検針票が発行されます。

 

発行方法は、メールと郵送の2パターンです。

メールの場合は発行手数料が無料です。

郵送の場合は、108円/月々が必要になります。

 

 

親指でんきへの切り替えには工事費や初期費用が必要?

親指でんきへ切り替えるにあたり、工事費や初期費用は不要です。

自宅の電気メーターが【スマートメーター】になっていない場合は工事が発生しますが、立ち合いや費用は必要ありません。

 

スマートメーターとは?

アナログの電力計(円盤のようなものがグルグル回るもの)ではなく、デジタル式で遠隔検針ができる電力計のことです。

 

 

現在の電力会社の解約金は必要?

従量電灯契約の場合、違約金や解約金は必要ありません。

電気料金のプランを変更している場合は解約金が発生する可能性もあります。

 

 

電気の契約を親指でんきに切り替えたとしても、特にデメリットは見当たりません。

デメリットがなくて安くなるんだったら、みんな切り替えるんじゃないの?

 

そうですね、シュミレーションして安くなるのであれば、乗り換えた方がお得ですね。

 

親指でんきに切り替えたあとのデメリットはコレといったものは見当たりませんが、切り替える前のハードルがあります。

 

 

親指でんきへの切り替えのハードル

切り替える前にハードルになってしまうこととは、「料金シュミレーションがわかりにくい」ということです。

 

親指でんきは1ヶ月の電気使用量しか入力できないため、大まかな料金シュミレーションになります。

親指でんきは、実は「Looopでんき」と全く同じ料金体系になっています。(Looopでんきについては、後ほど紹介しています)

同じ料金体系ではありますが、Looopでんきの場合は1年間の電気代を細かくシュミレーションできます。

ですので、料金シュミレーションの使いやすさでいうと、Looopでんきの方が使いやすいです。

 

Looopでんきとは?

  • 電気の基本料金0円
  • 解約金・事務手数料0円
  • 電気料金の単価は使用量に関係なく一律料金

わかりやすい料金体系と安い電気料金で、電気の契約を伸ばしている人気の新電力会社です。

Looopでんき公式サイト

 

Looopでんきと親指でんき、どちらの会社も電気料金単価は同じなので、今より安くなる料金に違いはありません。

 

Looopでんきと親指でんきの違いでいうと、支払い方法の違いです。

親指でんきはクレジットカードと口座振替がありますが、Looopでんきはクレジットカード払いのみです。

なので、クレジット払いの時は【Looopでんき】or【親指でんき】

口座振替の時は、【親指でんき】になりますね。

 

親指でんきの評判や口コミは?

親指でんきってどんな会社なの?

 

親指でんきは株式会社ユビニティーという会社が運営しています。

会社の設立は2012年ですが、親指でんきは2018年1月からサービスを開始しています。

そのため、親指でんきに関する口コミや評判に関する情報は、いまのところ見つかりませんでした。

なので、これから伸びていくサービスですね。

 親指でんきのメリットとデメリット|切り替える目安は?評判や口コミは? まとめ

親指でんきは、大手電力会社と比べて電気料金の単価が安く、電気の基本料金も0円なので、毎月の電気代が安くなります。

乗換えることによるデメリットが特にない為、シュミレーションをして安くなるようであれば、契約を切り替えてもいいですね。

 

クレジットカード払い以外に、口座振替で支払いができるというのも強みです。

 

ただ1つ残念な部分は、電気料金シュミレーションがわかりにくい事です。

先程紹介したとおり、親指でんきの料金体系はLooopでんきと同じですので、わかりにくければLooopでんきを利用してみるのも良いのではないでしょうか?

 

クレジットカード払いの時はLooopでんきも選択できますので、使いやすく申込み画面がわかりやすい方を選ばれるといいですね。

 

Looopでんきも親指でんきも申込み時には、電気の検針票(紙が発行されていない時はネットで確認)が必要ですので、準備してから手続きをしてくださいね。

 

\簡単申込みはこちら/

 

-光熱費
-,

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.