新電力会社の比較

【J:COM電気の評判やメリット・デメリット】セット割適用条件にも要注意!

更新日:

「JCOMで電気もセットにするとお得になるのかな?」

「J:COM電気のメリットやデメリットを詳しく知りたいなぁ・・・」

「電気代が安くなるんだったら、JCOMじゃなくても良いんだけど、どこか安い会社ないかな?」

 

JCOMのネットやTVとのセット割引で、電気代が安くなる「J:COM電力」。
もうJ:COM電力のホームページはご覧になりましたか?

「J:COMのホームページは見たけど、結局どういうことなのかわからない・・・」

 

JCOM電力の公式サイトで理解するのは、かなり難しいんですよね。

私は、「電力会社」や「ガス会社」の契約の切り替えの仕事をしていますが、私でも「JCOMの電気ってわかりにくいな」と思います。

 

まず大前提として、JCOMの電気にする前に確認しておくべきことが、1つあります。

チェックポイント

それは、「今後2年間(集合住宅は1年間)、JCOMのNETやTVのサービスを契約し続けるかどうか」です。

 

というのも、JCOMで電気を契約した場合、2年(集合住宅は1年)の契約縛りの期間が発生します。
この期間に解約すると、解約金が発生します。

JCOMのサービスを、解約するかもしれない。

そんなあなたは、他の電力会社で契約した方がいいですよ。

 

電気とガスのセット割引のことがよくわかる!
>>電気とガスをまとめるメリットとデメリット!結局どっちが得なの?

契約縛りなしで、解約金も0円なのに安い!
>>おすすめの電力会社をみる

 

反対に、ネットやテレビなどをこの先も【ジェイコム】で契約し続けるのだったら、J:COM電力を検討する価値がありますよ。

というわけで、ここからの続きは「J:COMのNETやTVを、これから少なくとも2年間(集合住宅は1年間)は契約します」という方の為の内容です。

目次

JCOM電気のメリット

まずは、電力会社を変更する最大の目的、メリットについてです。

J:COM電気のメリットについて、カンタンに解説します。

セット割引がある

J:COMのネット回線やTVサービスを利用していれば、月額料金が割引になります。
セットの割引額は、最大で12,000円です。

ただし、住んでいるエリアや、契約しているプランによって割引額が異なります。

セット割引の金額や対象サービスについては、のちほど紹介しています。

 

電気代が安くなる

電気代が安くなる、このメリットがなければ切り替える意味がありませんよね。

現在、東京電力や関西電力のような大手電力会社を契約している場合、今よりも電気料金が安くなることがあります。

ただし、J:COM電気は供給エリアが限られています。

エリア毎に電気料金も異なるので、のちほど詳しく解説します。

 

支払いが一つにまとまるので管理がラク

J:COMで電気やガスをまとめると、支払いが一つにまとまるので管理がラクになります。

支払い方法は、口座振替・クレジットカードのどちらかです。

 

セットにすればガス代も安くなる?

J:COMは、ガスもセットで契約することができます。

ただし、ガスも契約できるのは、「東京ガス」「大阪ガス」のエリアのみです。

jcomガス

ネットやTVをJ:COMで契約しているなら、ガスもまとめてしまったほうがいいですね。
J:COMガスでどれだけ安くなるかの詳細はこちら >>

 

次は、JCOM電気のデメリットについて解説していきます。

JCOM電気のデメリット

契約を変更する際に、メリット以上に注意しておく必要があるのが、デメリットです。

電力自由化(電気会社の変更)は、通常デメリットと呼べるデメリットがないのが特徴です。

 

ただ、J:COM電力には5つのデメリットがあります。

 

違約金が高い

違約金がとにかく高いです。

なぜ違約金が高いのかは謎ですが、新電力会社の中でも、かなり高い部類に入ります。

  • 戸建住宅:20,000円
  • 集合住宅:10,000円

契約期間中に解約すると、上記の違約金が請求されます。

 

契約期間しばりがある

JCOM電気の契約期間は、戸建てと集合住宅で違います。

  • 戸建住宅:2年間の自動更新
  • 集合住宅:1年間の自動更新

自動更新なので、更新月以外に解約すると、先ほど紹介した違約金が発生します。

jcom更新月

画像引用:J:COM公式サイト

 

電気を契約した時点から新たに2年契約が始まる

電気をセットに契約することで、新しく長期契約がスタートします。

現在契約中のプラン(ネット・電話・TV)も、新たに2年契約になる点に注意してください。

 

事務手数料が発生する

JCOM電気に契約する際、3,000円の事務手数料が発生します。

 

J:COMエリア外に引越しすると解約になる可能性がある

J:COMが提供されていない地域に引越しする場合、強制的に解約になります。

ここで1つ疑問点が。

「違約金は払う必要があるの?」

これに関しては、いざ引越しの時になってみないとわかりません。

 

引越しの際にJ:COMに電話をして、転居先の住所を伝えたとき、以下のように判断されます。

【引越時に考えられる対応】

  • 解約金を免除される
  • 解約金を請求される
  • J:COMと提携している会社のサービスを案内される

 

つづいて、j:COM電気の料金プランについて解説をしていきます。

JCOM電気の料金プラン

JCOM料金プラン

J:COM電気は、各地域によって料金プランと料金単価が違います。
供給エリアは北海道から九州までなのですが、J:COM電力のエリア分けは、かなり特殊です(笑)

下記から、お住いのエリアを選んでください。(ページ内で移動します)

 

札幌エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:北海道電力で、従量電灯B or Cを契約していること

 

北海道電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

契約プラン(従量電灯B) 安くなる金額(年間)
30A(アンペア) 1,517円/年間
40A(アンペア) 1,168円/年間
50A(アンペア) 830円/年間
60A(アンペア) 666円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

 

仙台エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:東北電力で、従量電灯B or Cを契約していること

 

東北電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

契約プラン(従量電灯B) 安くなる金額(年間)
30A(アンペア) 2,001円/年間
40A(アンペア) 1,866円/年間
50A(アンペア) 1,678円/年間
60A(アンペア) 1,031円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

 

関東エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:東京電力で、従量電灯B or Cを契約していること

 

東京電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

契約プラン(従量電灯B) 安くなる金額(年間)
30A(アンペア) 2,154円/年間
40A(アンペア) 1,866円/年間
50A(アンペア) 746円/年間
60A(アンペア) 1,284円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

 

関西エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:関西電力で、従量電灯A or Bを契約していること

 

関西電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

関西電力にはA(アンペア)契約がないので、シミュレーション結果は1つだけです。

契約プラン 安くなる金額(年間)
従量電灯A 2,445円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

 

下関エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:中国電力で、従量電灯A or Bを契約していること

 

中国電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

中国電力にはA(アンペア)契約がないので、シミュレーション結果は1つだけです。

契約プラン 安くなる金額(年間)
従量電灯A 2,201円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

 

福岡・熊本エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:九州電力で、従量電灯B or Cを契約していること

 

九州電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

契約プラン(従量電灯B) 安くなる金額(年間)
30A(アンペア) 2,691円/年間
40A(アンペア) 2,400円/年間
50A(アンペア) 2,019円/年間
60A(アンペア) 1,817円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

 

大分エリアのJ:COM電力の料金プラン

対象:九州電力で、従量電灯B or Cを契約していること

 

九州電力からJ:COM電力に切り替えた場合、「いくら安くなるのか?」をシミュレーションした表です。

電気代は毎月変動しますが、計算をわかりやすくするために、「1ヶ月10,000円」で計算しています。

つまり、年間電気代が120,000円と仮定して計算しています。

契約プラン(従量電灯B) 安くなる金額(年間)
30A(アンペア) 2,691円/年間
40A(アンペア) 2,405円/年間
50A(アンペア) 2,114円/年間
60A(アンペア) 1,817円/年間

※J:COM公式サイトのシミュレーション結果
※2019年5月10日時点の結果

▼▼我が家の電気代はいくら安くなる?▼▼
>>料金シミュレーションはこちら

J:COM電力はアパートやマンションでも利用できる?

契約している電気が下記のプランだったら、マンションやアパートでも契約可能です。

  • 従量電灯B or C:札幌、仙台、関東、福岡・熊本、大分
  • 従量電灯A or B:関西、下関

ただし、電気代をマンションの管理会社に支払っている場合は、契約変更できません。

切り替えられるのは、電気代を直接、電力会社に支払っている場合のみです。

 

次は、J:COM電力のセット割引の詳細について、カンタンに解説していきます。

J:COM電気のセット割引の詳細

電気・ネット・電話・TVなどをセットにすれば、最大12,000円の割引が受けられる、JCOMのセット割。

このセット割、住んでいるエリアや契約プランによって、割引される金額が違うので注意が必要です。

リスク

 

ここでは、例として【関東・札幌・仙台・関西】エリアを紹介します。

スマートお得プラン1G☆/320 電力セット

【割引額】

  • 戸建住宅:12,000円OFF( 24ヶ月間500円割引)
  • 集合住宅:6,000円OFF (12ヶ月間500円割引)

スマートお得プラン120 電力セット

【割引額】

  • 6,000円OFF(12ヶ月間500円割引)

スマートお得セレクト NET 1G☆/320 + PHONE 電力セット

スマートお得セレクト NET 1G☆/320 電力セット
スマートお得オンデマンド NET 1G☆/320 + PHONE 電力セット
スマートお得オンデマンド NET 1G☆/320 電力セット

上の3つのプランも同様の割引額です。

【割引額】

  • 戸建住宅:7,200円OFF(24ヶ月間300円割引)
  • 集合住宅:6,000円OFF(12ヶ月間500円割引)

スマートお得セレクト PHONEコース 電力セット

「スマートお得オンデマンド PHONEコース 電力セット」も、同様の割引額です。

【割引額】

  • 戸建住宅:6,000円OFF(12ヶ月連続500円割引)

スマートお得プランミニ 電力セット

【割引額】

  • 戸建住宅:7,200円OFF(24ヶ月間300円割引)
  • 集合住宅:6,000円OFF(12ヶ月間500円割引)

 

他のエリアの割引条件に関しては、J:COM公式サイトをご覧ください。

 

次は、J:COM電力の注意点や支払いについて、解説していきます。

J:COM電気に切り替える際の注意点

jcom電気の注意点

支払い方法は?

J:COM電力の支払方法は、クレジットカード払い、もしくは口座振替です。

 

検針日や検針票はどうなる?

JCOMの電気に切り替わっても、電気の検針日は今までと同じです。

ただ、検針票は届かなくなります。
検針票の発行を希望の際は、月額50円必要です。

 

工事や工事費は必要?

J:COM電力に切り替える際に、工事は原則ありません。

もし、自宅の電気メーターが「スマートメーター」に変わっていない場合は、工事が必要です。
ただ、工事費は無料なので必要ありません。

 

スマートメーターって何?

スマートメーターとは30分ごとの電気のご使用量を計測することができ、かつ通信機能を保有しているため、遠隔でメーターの指示数を取得することが可能です。

(注)従来のメーターからスマートメーターへの取替えにおいて個別に料金をいただくことはございません。

引用:中部電力公式サイト

スマートメーターは、遠隔でメーターを検針できるので、検針員が自宅に行かなくても電気の使用量が確認できるんですよ。

スマートメーターに切り替わっていなくても、電力会社が勝手に手配してくれるので、とくに気にする必要はありません。

 

契約中の電力会社への解約手続きはいらない?

J:COM電気に切り替える場合、現在契約中の電力会社には、J:COMが連絡します。
なので、申し込み手続きだけやればOKです。

解約手続き不要は、どこの電力会社に切り替えるときでも同じです。

 

では、次は「J:COMの電力の口コミや評判」を紹介します。

J:COM電気の口コミや評判

J:COMの電気に切り替えて「高くなった」というような口コミはありませんでした。

ただ、「カスタマーセンターの対応が悪い」といった、サービス面に関する悪い評価がありました。

 

 

カスタマーセンターの対応は、j:COMのサービスを使っているなら、すでにご存じだと思うので、あえて言うことはありません。

 

次は、J:COM電力よりも電気代が安くなる電力会社を、3つ紹介します。

J:COM電気以外でおすすめの電力会社3選

  • 楽天でんき
  • Looopでんき
  • 親指でんき

紹介している3社は、料金プランや契約条件など同じで、下記の「ここがポイント!」の条件を満たしています。
(親指でんきだけ、少しユニークな料金プランがありますが…)

 

ここがポイント!

  • 契約期間の縛りなし
  • 解約金0円
  • 事務手数料0円
  • 電気の基本料金0円
  • 電気料金単価が一律料金

 

電気の基本料金は、電気を使っても使わなくても毎月請求されます。
今回紹介している3社は基本料金が0円なので、基本料金分、毎月安くなります。

 

電気料金は、通常使えば使うほど料金単価が高くなります。
つまり、電気をたくさん使うほど、料金が割高になります。

ただ、今回紹介している3社は、一律の料金単価なので、電気をたくさん使っても割高になりません。

 

楽天でんき

楽天でんきは、楽天が運営するサービスです。

知名度・会社の規模、どちらも抜群なので安心感があります。

楽天カードを持っていれば、電気代が楽天ポイントとして貯まるので、楽天ユーザーには嬉しいサービスです。

電気料金の支払い方法は、クレジットカード払いのみです。

>>楽天でんき公式サイト

>>楽天でんきについてもっと詳しくみる

 

Looopでんき

「電気基本料金0円・一律の電気料金単価」の先駆けの会社です。

電力自由化が始まった当初は、無名の会社ながら契約数を一気に伸ばしました。
契約の伸びは当時よりは落ち着いてきたようですが、現在も変わらず人気の高い会社です。

公式サイトで細かい料金シミュレーションが出来るのが特徴。

電気料金の支払い方法は、クレジットカード払いのみです。

>>Looopでんき公式サイト

>>Looopでんきについてもっと詳しくみる

 

親指でんき

親指でんきという、よくわからないネーミングの会社ですが、料金の安さはトップクラスです。

ペットを飼っている方向けの「わんにゃんプラン」「夜更かしプラン(現在契約できません)」など、独自のユニークなプランがあります。

あと、支払方法が、クレジットカードと口座振替から選べるというのも強みです。

時期やタイミングによりますが、契約すると「Amazonギフト券3,000円プレゼント」などのキャンペーンが開催されることがあります。

キャンペーンの開催頻度や、支払い方法が口座振替も選べる点で、紹介している3社の中で一歩リードしています。(知名度はイマイチですが・・・)

>>親指でんき公式サイト

>>親指でんきについてもっと詳しくみる

まとめ

J:COM電気は、今後も2年間(集合住宅は1年間)、ネットやテレビのサービスを継続するなら検討する価値はあります。

他の電力会社に比べて条件が厳しかったり、割引がわかりにくかったりするので、内容をよく確認してから契約するようにしてください。

電気代の割引金額はそこまで大きくありませんが、

「ネットもTVもJ:COMでまとめたい」
「支払いを一つにして管理をラクにしたい」

という方であれば、J:COMの電気はおすすめですよ。

-新電力会社の比較
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.