大阪ガスのスタイルプランPは本当にお得なのか?

関西電力と大阪ガス

大阪ガスAmazonプライムが無料になるスタイルプランPのデメリット!

更新日:

Amazonプライムの年会費が無料になる、大阪ガス電気のスタイルプランP。

Amazonプライムが無料で利用できて、月々の電気代も安くなるのであれば、かなりメリットが大きいプランですよね。

 

Amazonプライムに加入しているから、大阪ガスの電気に変えてみようかな?
Amazonプライムは使っていないけど、年会費が無料になるなら、この機会に切り替えてみようかしら?

この機会に、大阪ガスの電気に切り替えを検討している方もいると思います。

 

では、Amazonプライムの年会費が無料になる「スタイルプランP」のデメリットについては、ご存じでしょうか?

実はお得なことばかりではない、スタイルプランPの

  • メリット
  • デメリット
  • ベースAGとの比較

について解説していきます。

スポンサーリンク

大阪ガススタイルプランPのメリット

スタイルプランPのメリットを簡単に紹介します。

  • Amazonプライム年会費(3,900円)が無料になる
  • 関西電力の従量電灯Aよりも電気代が安くなる

スタイルプランPのメリットは、上記2点です。

 

すごくお得そうなプランなんだけど、何か落とし穴はないの?
スタイルプランPにはデメリットもありますので、契約プランを変更する前にしっかり確認しておきましょう。

大阪ガススタイルプランPのデメリット

スタイルプランPのデメリット

Amazonプライムの年会費が無料になって、電気代も安くなる「スタイルプランP」。

良い事づくめのようですが、デメリットもありますので、確認しておきましょう!

 

スタイルプランPの契約期間や解約金は?

大阪ガスの一般家庭向けの電気メニュー「ベースプランA」や「ベースプランA-G」には、契約期間や解約金の設定はありません。

ただ、スタイルプランPに関しては、1年間の自動更新契約です。

 

更新期間以外でスタイルプランPを解約すると、残りの月数×325円の違約金が発生します。

例えば、更新期間まで残り5ヶ月で解約した場合、

5ヶ月×325円=1,625円

の解約金を大阪ガスに支払う必要がある、ということです。

 

Amazonプライムとセットで契約することで、電気の契約を解約されにくい仕組みにしているということですね!

 

 

大阪ガスの電気を解約してもAmazonプライムの請求は継続される

大阪ガスの電気を解約しても、Amazonプライムは自動解約になりません。

元々、Amazonプライムを使用している方だと問題ないと思いますが、「料金が無料なので、アマゾンプライムを利用していた」というような場合、自分でアマゾンプライムの解約をする必要があります。

 

解約しなかったらどうなるの?
使ってもいないAmazonプライムの料金が、永遠に請求され続けることになりますよ

 

Amazonプライムが必要ない場合は、「大阪ガスの電気」+「アマゾンプライム」の両方を解約する必要があります。

 

 

Amazonプライムの料金は無料になるが・・・、実はそれほどお得ではない

「Amazonプライムの年会費は、スタイルプランP契約中は、大阪ガスが負担し続けます!」

というような、キャッチコピーを見て、

「スゴイ!」とか「へぇ~お得なプラン!」と、思う方も多いと思います!

 

確かに、「Amazonプライムの年会費を負担し続ける!」というのはスゴイですよね。

ただ、実はスタイルプランPは、「ものすごくお得なプラン!」というわけではありません。

 

毎月の電気料金によっては、従来のプラン「ベースAG」を契約した方がお得になることも多いです。

もっと言うと、電気料金を安くする目的なら、スタイルプランPに切り替えるのではなく、他の電力会社に乗り換えた方がお得ですよ!

 

実際、スタイルプランPとベースAG、どちらに切り替える方がお得なのかについて比較していきます。
スポンサーリンク

大阪ガススタイルプランPとベースAGの比較

スタイルプランPとベースプランAGの比較

スタイルプランPは、電気料金だけで、「電気」と「アマゾンプライム」を利用することができますが、実は電気料金単価が通常より割高に設定されています。

 

まずは、ベースプランA-GとスタイルプランPの料金単価を比較してみましょう!

 

【電気料金単価の比較】

料金設定 ベースプランA-G スタイルプランP
基本料金(1契約) 279.82円 580円
15kwh~120kwhまで 19.95円 20.19円
121kwh~350kwhまで 24.45円 24.53円
350kwh 27.33円 28.76円

※基本料金とは、電気使用量に関係なく必要な料金です。
※電気料金は、「使用量×電気単価」で計算されます。

 

 

大阪ガススタイルプランPは基本料金が割高

ベースプランA-Gに比べて、スタイルプランPは、基本料金が月々300円程高く設定されています。

つまり、基本料金が年間で3,600円高くなるわけです。

そして、Amazonプライムの年会費は3,900円(税込)です。

 

年会費3,900円-基本料金3,600円 = 300円

スタイルプランPは、Amazonプライムの年会費が無料になっていますが、電気の基本料金が割高に設定されているので、実質は年間で300円しかお得にならない!ということです。

 

 

月々の電気代が3,000円を超えるならベースプランA-Gにした方がお得かも?

電気代が3,000円を超えるようであれば、スタイルプランPを契約するよりも、ベースプランA-Gに加入して、Amazonプライムは個別で加入した方がお得になる可能性が高いです。

 

 

下の表は、月々の電気料金が約3,000円の場合の、シュミレーション結果です。

Amazonプライムの料金は入れずに、単純に電気料金のみで比較しています。

 プラン 関西電力の年間料金 切替え後の年間料金 年間の差額
ベースプランA-G 36,554円 35,816円 738円
スタイルプランP 36,554円 39,728円 3,174円

※関西電力の料金プランは従量電灯A
※シュミレーションは概算ですので、切替の際は必ずご自身でシュミレーションするようにしてください。

 

スタイルプランPは、今よりも電気代が3,174円も高くなってしまいました。

 

Amazonプライムの年会費を入れて計算すると

↓ ↓ ↓

プラン 年間の差額 Amazon年会費分割引 合計差額
ベースプランA-G 738円 738円
スタイルプランP 3,174円 3,900円 726円

※シュミレーションは概算ですので、切替の際は必ずご自身でシュミレーションするようにしてください。

 

Amazonプライムの年会費割引分を含めても、ベースプランA-Gの方が安くなります。

ですので、月々の電気代が3,000円を超えるようであれば、「アマゾンプライム」は個別で契約した方が良いということですね。

【まとめ】大阪ガスAmazonプライムが無料になるスタイルプランPのデメリット!

大阪ガスのスタイルプランPは、Amazonプライム料金が「ずっと無料」なので、かなりインパクトがあります。

ただ、実際には料金的なメリットはあまりありません。

 

スタイルプランPを契約する時の注意点をまとめたものです。

  • 契約期間は1年間の自動更新契約
  • 解約金は、契約残り月数×325円
  • ベースプランA-Gよりも割高な料金設定

 

料金設定が割高な為、月々の電気料金が3,000円を超えるようであれば、ベースプランA-Gを選択した方がお得になる可能性が高いです。

もしくは、大阪ガスの電気ではなく、別の電力会社に変更した方が安くなる可能性が高いですよ。

⇒大阪ガスの電気より電気代が安くなるLooopでんき

 

ですので、スタイルプランPは電気料金に関しては、それほどメリットがないプランということが言えますね。

 

スポンサーリンク

-関西電力と大阪ガス
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.