電力会社自由化おすすめ

Looopでんきはガスとセットでまとめられる?ガス代を安くするための簡単手続き!

更新日:

いま契約している電力会社よりも電気代が安くなるLooopでんき。

Looopでんきに切り替えただけで、電気代が毎月2,000円くらい安くなった!なんてこともあります。

 

電気代が安くなったのであれば、「ガス代も安くしたい」という方も多いはず。

Looopでんきは、電気とガスをセットでまとめることができるの?
Looopでんきはガスの取り扱いはしていないんです。

【追記】:関東エリアの都市ガスユーザーを対象にガスサービスが始まりました。関東エリア以外は今まで通り電気のみです。

関東エリア限定>>東京ガスとLooopガスの料金比較

 

Looopでんきには太陽光発電や蓄電池などとのセット割引はありますが、ガスとのセット割引はありません。

でも、Looopでんきで電気代が安くなるんだったら、せっかくならガス代も安くしたいですよね。

 

そこで、電気をLooopでんきに切り替えて、更にガス代も安くする方法について解説していきます。

まずは電気をLooopでんきに切り替える>>Looopでんきの申込みはこちら

 Looopでんきに切り替えてガス代も安くするには?

自宅の光熱費を一番安くする方法は、「電気とガスの契約を分ける」ことです。

どういうことかというと、

例えば、「電気はLooopでんき」、「ガスは関電ガス」というようなパターンです。

 

電気とガスのセットじゃなくても契約できるの?
ガスだけでの契約もできますよ。電力会社によって、電気とガスはセット契約という決まりがありますが。

関西電力の関電ガスや、中部電力のカテエネなどは、ガス単体での契約が可能です。

 

電力会社は数百社の中から自分に合った会社を選ぶことができますが、ガス会社は選択できる会社が限られています。

ガス会社の契約を変更する際のパターンは2パターン

ガスの契約を変更する場合、ほとんどの方が以下の2パターンを選ばれます。

  • 大手電力会社(関西電力や中部電力)が提供しているサービスに切り替える
  • 現在契約中のガス会社で安いプランに変更する

上の2つのうち、ガス代がより安くなるのは「大手電力会社が提供しているサービスに切り替える」です。

現在契約中のガス会社でプランを変更するのは面倒な手続きはいりませんが、料金メリットはあまりありません。

関西電力の関電ガスについては、コチラの大阪ガスから関電ガスへの切り替え 違いや問題点は?で解説しています。

中部電力のカテエネについては、コチラの中部電力ガスのデメリット ガス漏れや機器の故障・請求書はどうなる?で解説しています。

 

ガス会社を切り替える時は現在の契約プランに注意する!

関西電力の関電ガスや中部電力のカテエネに切り替えた方が安くなると言いましたが、1点だけ注意点があります。

それは、「現在のガスの契約プランが、床暖房などの割引プラン」になっていないかです。

 

ガス床暖房を使っている場合、契約を変更すると料金が高くなってしまう可能性があります。

変更して安くなる可能性があるのは、中部電力のカテエネくらいではないかと思います。

関西電力の関電ガスは、ガス床暖房がある場合は割高になりますし、関東エリアで選べる「レモンガス」や「ニチガス」なども床暖房契約がある場合は高くなってしまいます。

 

なので、現在ガス床暖房契約になっている場合、中部電力のカテエネを除いては、契約を変更しない方が良いということですね。

 Looopでんきはガスとセットでまとめられる?ガス代を安くするための簡単手続き!まとめ

Looopでんきにはガスとのセット割引がありませんので、電気とガスは別々の契約になります。

「セットでまとめるとお得!」と言われていますが、実際は「電気とガスの契約は分けた方が安い」です。

 

電気はLooopでんき、ガスは関電ガスやカテエネ、というように上手に光熱費を節約してくださいね。

 

Looopでんきのメリットやデメリット、申込手続きについては、コチラの【全部わかる!】Looopでんきについてまとめました!で解説しています。

-電力会社自由化おすすめ
-,

Copyright© ガスデンさん , 2019 All Rights Reserved.