クレジットカードをハサミで切る

解約について

アプラスカードの解約方法!電話が繋がらない時の対処と脱会の手続き!【徹底解説!】

更新日:

「アプラスカードを解約したいのに、電話が繋がらない・・・」

日中に電話をできるのが昼休みしかない場合、オペレーターに電話が繋がらないと困りますよね。

仕事の休日が日曜日の場合、コールセンターは休みなので、どうすれば良いのか・・・

 

そこで、アプラスカードを解約したいけれども、「電話が繋がらない」「ネットだと意味がわからない」、そんな方の為の対処方法と解約の手続きを説明していきます。

スポンサーリンク

アプラスカードの解約方法

アプラスカードを解約する方法は、実は3つあります。(2019年3月現在)

知らない人がほとんどなのですが、3つのうちどれかを利用すれば、電話が繋がらなくても解約は可能ですよ。

※「アプラスカードを解約したいけど、残債があるので出来ない」とお悩みの場合は

⇒アプラスのクレジットカードを解約したら残債は一括返済、は間違い!解約できないも嘘!参考にしてください。

 

 

①アプラスカードの解約をコールセンターに電話する

ほとんどの人が利用する、一般的な方法です。

電話が繋がらない場合は、この方法だと無理ですが、基本的には一番確実で安心な方法です。

カードを解約するときの注意点や確認事項も直接聞くことができます。

 

解約の電話が終わったら、自分でカードを処分して完了です。

その際、必ずはさみやシュレッダーで破壊するようにしてください。
(修復不可能なレベルです)

 

ただ、デメリットは、「コールセンターは日祝以外の9:30~17:30しか繋がらない、しかも繋がりにくい」ということです。

もう少し、繋がるように改善してほしいものですね。

 

②自動音声応答(=IVR)で解約を行う

自動音声案内でアプラスカードを解約することもできます。

解約の方法は、カード番号などを入力して解約手続きを行います。

簡単そうに感じますが、勘違いやトラブルも多いので注意が必要です。

 

 

【明細書に載っている番号はカード番号ではない】

明細書に載っている番号を入力しても、解約手続きはできません。

なぜなら、「カード番号」ではなくて「アプラスの会員番号」だからです。

明細書に記載されている番号を何回入力しても、解約手続きは進みませんよ。

 

 

【解約というメニューはない】

クレジットカードをやめるときは、「解約」ではなく「脱会」という表現です。

音声メニューに解約がない」と慌てないようにしてください。

 

 

【自動音声案内(IVR)で解約したつもりが、できていなかった】

自動音声案内で解約(脱会)の手続きを行うと、約1週間程度で登録住所に「解約完了通知」というものが届きます。

いくら待っても、解約完了通知が届かない場合は、解約ができていない可能性があります。

その際は、コールセンターに電話するのが確実です。

スポンサーリンク

 

③解約手続きを家族に電話してもらう

「本人以外でもいけるの?」と思われたかもしれませんが、家族であれば可能です。

本人以外からの電話では、解約手続きは直接受け付けてもらうことはできません。

 

ただ、家族が電話すれば、「アプラスの登録住所」に解約書類を送ってくれるんです

解約書類は1週間程度で、登録住所に届きます。

 

ただし、注意点や受付不可のこともあります。

【本人以外でもOK!?】クレジットカードの問い合わせ 妻や家族でも対応してもらえる?

 

【家族以外からの電話は受付不可】

友人や知人が電話をしても受け付けてもらえません。

 

 

【オペレーターに一度は断られる】

家族が電話をすると、オペレーターからは「ご本人様からお電話ください」と、一旦断られます。

その際に、

「本人がアプラスの営業時間に電話ができなくて困っている、書類で手続きできませんか?」と伝えるとスムーズです。

 

 

【支払残高やポイントなどはわからない】

契約内容に関すること、支払残高や残っているポイントなどについては、一切教えてもらうことができません。

あくまでも、「解約書類を取り寄せて解約する」という最低限の方法です。

解約書類と、ハサミで切ったカードを返送して、手続きが完了します。

 

※契約者本人に事情があって電話出来ない場合(耳が不自由・意思疎通が困難な病状・海外移住済み、など)もこの方法で手続き可能です

3分で終わるアプラス脱会手続き
3分で終わるアプラスカード脱会の手続き!電話が繋がらなくても簡単に解約できる

電話が繋がらなくても安心の、3分でできるアプラスカードの解約手続きについて解説しています。

続きを見る

アプラスカードの解約をネットでする時の注意点

アプラスにはカード会員向けのインターネットサービス「NETstation*APLUS(NSA)」があります。

「クレジットカードの解約手続きをネットでできる」と誤解しがちですが、アプラスカードはインターネットで解約の手続きはできません。

 

NSAに「解約(脱会)」のメニューはありません。

ですので、ネットでアプラスカードを解約することは不可能です。

「NSA退会」のメニューがあるので勘違いしてしまいますが、これはあくまでも、「NSAの退会=アプラスのサイトを使いません」、という意味であって、カード契約はそのまま変らず続きます。

 

ネットで解約できると思う人が多い理由

なぜ、ネットで解約できると誤解してしまうのか?

数年前までは、インターネットで解約できていたからなんです。

なくなった理由は、「NSAの退会をするつもりが間違って、カードを脱会してしまった」という人が多かった為、だと思います。

アプラスに電話がつながらない場合の対処法

カードの解約の電話が、アプラスのコールセンターに電話がつながらない場合、対処方法としては「自動音声案内」か「書類での手続き」しかありません。

 

ただ、「自動音声案内での手続きは不安」、「家族も電話できない」というときは、一度アプラスのサイトのお問合せフォームから相談してみると良いかもしれません。

こちらの期待通りの返答が返ってくるかもしれませんし、「コールセンターに電話するか、IVR(自動音声案内)で手続きしてください」という返信の可能性も高いです。

 

問合せフォームに関しては、なんとも言えませんが、お困りの場合は試してみても良いと思います。

アプラスのコールセンターが繋がらない|オペレーターにすぐ繋がる方法!

アプラスカードの解約方法のまとめ

解約手続きは、オペレーターと話しをするのが一番確実で安心です。

電話をした際に「解約通知書を送ってください」と言えば、書面で解約したことも確認できます。

書面は無料で発行してくれて、約1週間で自宅に届きます。

 

アプラスカードの脱会や解約・手続きに関することを、こちらのアプラスカードの脱会や解約・支払いなど手続き方法のまとめ!にまとめています。

アプラスカード手続きまとめ
アプラスカードの脱会や解約・支払いなど手続き方法のまとめ!

アプラスカードの解約や支払方法など、手続きに関することを詳しく解説しています。

続きを見る

 

アプラスに限らず、カードの解約処理もれは珍しくないようですので、解約した際は「解約通知書」を発行してもらうようにしておかれることをオススメします。

⇒アプラスカードより使いやすいTカードプラスとは?

スポンサーリンク

-解約について
-

Copyright© a-station , 2019 All Rights Reserved.